2022年05月19日

■エイトリアンオリジナル ポリカーボネイト製ウィンドウガラス価格情報

received_1458780841212800.jpeg
received_1094232104483599.jpg

オリジナルでRX-8用のポリカーボネート製ウィンドウガラスを作成しました。エイトリアンのロゴが入ったオリジナル仕様です。
4mmで制作しており、バタ付きなどない高品質モデルです。重量は純正の約50%になります。

@車検対応セットモデル
交換しても、eマーク付きとなっており車検対応です。ハードコート仕様。色はクリア(透明)。
4枚セット(前左右後ろ左右)です。
車検対応のため少し割高になりますが、ナンバー付き車両にオススメです。
価格:330,000円

ポリカーボネートとはいえ、純正ガラスと形状も変わらないため、一般的な整備工場で対応可能ですが、必要であれば関東での装着実績のある工場もご紹介します。

またオプションとして、下記も準備しています。

received_1052125482372090.jpeg
received_3398385647092154.jpg
A車検非対応 リアガラス
こちらは非対応、競技専用部品です。車検について等、一切ノーサポートです。色はグレー(透明)。
※ロゴレイアウトが記載された白黒イメージではクリアと記載されていますが、グレー仕様となります
価格:167,000円

@とAセットの場合、お値引き致します。ご相談ください。

なお、自分で利用するために作ったガラスを一定ロット分仕入れた分をお譲りするという趣旨のもので、在庫限りで終了となります。
2022/5月時点で残り3セットです。
ご希望の方はお早めにご連絡ください。
posted by エイトリアン at 09:37| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月21日

■街乗りタイヤをブリヂストンのアレにしてみた(簡単インプレ)

Point Blur_20220321_125526.jpg

 街のリタイヤを昨年11月にブリヂストンのplayzにして感激した。
 が、そこそこの溝があるとはいえ中古だったこともあり、5ヶ月、約半年で交換となった。

20220321_101610.jpg

 だってこんな感じな、片減りがハンパなくなっちゃったんだもん…。

 キャンバーとトーの問題なのは分かっているが、ちょっと辛い…。

 とはいえ、距離的には8,000キロくらい走行してるので、まぁしゃーないっちゃしゃーない。
 もちっともって欲しかったけど。

Point Blur_20220321_125732.jpg

 BSのコンフォートタイヤは本当に素晴らしかったので、次もplayzとかREGNOとか、はたまたS001とかにしようかなと思って探してみるが、中古だと全然ロクなのがない。全然見つからないんで、なんかテキトーなタイヤにしちゃおっかな…とか思ってネットを見ていたら、ブリヂストン製なのにイヤに安いタイヤを見つけた。

 それがこの、テクノスポーツ、だ。

 インドネシアとかあっちのほー向けに作ったモデルで、日本では販売されていない。
 つまり、逆輸入モデルだ。

 しかも、18インチだと225/45R18しかないとか、サイズにもめちゃ限定されたモデル。

20220321_101814.jpg

 製造もインドネシア。インドネシアのBSタイヤといえば、アドレナリンもそうだし、なんら気にならない。むしろBSタイヤなので安心感の方が上。

20220321_130207.jpg

 そう、ぼくたちの安心の『B』!

 そんなこのブリヂストンの新品タイヤ、225/45R18の4本で4万ちょい送料込み



 ちょっとかなりアリエンティ。

 でもさ、こんだけ安いんだからなんかあるんでしょう?いくらBSさんといってもさ…

 なので買ってみた。

20220321_102347.jpg

 しっかり225幅なのかな。9Jホイールにハメるとけっこーな引っ張り具合。
 でもこんくらいもカッコいいね。

20220321_102357.jpg

 斜めから見るとまたさらにイイ感じ。ブリヂストンってロゴがキラリ☆涙がキラリ☆

20220321_130141.jpg

 車体にハメても映える、ブリヂストンロゴ。
 とてもよき。

20220321_101554.jpg

 製造は2021年38週。けっこー売れてるタイヤみたいで、ふつーに新しいヤツが来て満足!ガハハ。

 で、肝心のインプレをしてみたい。

20220321_102341.jpg

 新品状態の溝は9mm。めっちゃ厚みあるなォィ。
 さすが一般タイヤ。

P_20190111_102220.jpg

 なお、RE-12Dあたりになると、5mmとか当たり前の世界なので、どれだけ違うのか?って話になる。

 そして一番驚いたのが、明らかに重いということ。倍と言ったらウソになるけど、けっこーな重量。
 軽いホイールに履かないと、純正タイヤとかplays、regnoとかと比較したら明らかに重い感が分かると思う。段差でのドタバタ感とか。

 なお、たまたまかもだけど、バランスもすげー良くて、10gとかそんくらいで、1本はバランスゼロ。さすがBS…。

 で、走行してみた。
 一般道と高速道での100km/h程度の速度域。まだワインディングなどは未走行。サーキットも当然走行してない。

 一般道、湘南宅配ピットマンさんのお店を出た瞬間から分かった。明らかにノイズが増えた。片減りしまくりのとはいえ、playzってすげぇんだなって思う。まったく違う。じゃあそれが絶対的に多いのか?っていうとソレはまったくない。

 むしろふつーのハイグリタイヤとかそのへんと比較したら、比較するまでもないくらい静粛。ブリヂストンのフラッグシップコンフォートタイヤとは比較したらそらノイズ多いよね、ってそんな感じだと思う。
 一番気になってたのがココだったので、値段とワケわかんねーwイナズマパターンとかで覚悟してた、ノイズが全然たいしたこと無いのですげー逆の期待ハズレだった。

 高速で走行しても、別になんのノイズもないし、当然違和感もなく走行できる。ちょっと首都高とか箱根とか行ってみるのも手かなー。
 せっかくの新品タイヤなので、いろいろ試してみたい。

 なお、転がり抵抗なんかも当然playzあたりと比較するとやや劣るかも?って感じはあるが、気にならないレベル。

 トータルで見ると、そら1本4万とかのplayzとかと、4本4万のテクノスポーツじゃ比較するのが失礼な感じではあるって前提の上で、このタイヤ、かなり買いでコスパ最強な気がする。

 新品でBSの225/45R18のタイヤが4万…エッセのRE-71RSが165/55R14で4本4万ちょい…。お、お、おなじ…!?

 中古のplayz/regnoもたまーに2〜3万で出てるけど、水物なのでそれを探したりしてるより、ちょっとだけ出して新品のテクノスポーツ、個人的にはかなりアリだと思った!超オススメ!

 あとは、ウェットのグリップと、耐久性をレビューしていきたい。

20220321_111240.jpg

 現在25万165km走行。


posted by エイトリアン at 15:15| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月15日

■Shoraiバッテリーを1年使い続けてみての結論



 1年前に、リチウムバッテリーを、aliantバッテリー不調からShoraiバッテリーに換え、1年サーキット走行のみで使い続けてみた。

2021_0321_shorai01.jpg

 もう少し小さいサイズにするのも手だったが、重量差もわずかだったこともあり、電力不足の不安もあったので、aliantとほぼ同じくらいの大きさのタイプにした。

  LFX24A3-BS12というヤツだ。

Point Blur_20220315_204808.jpg

 サーキット走行のみ、というのは、普段はフツーの鉛バッテリーを使っていて、サーキットでリチウムバッテリーに交換して走行、終わったら元に戻す、という運用をすることだ。

 この1年運用してみて、一度もバッテリーを充電したこともないし、バッテリーが膨らんだり、aliantで悩まされた謎の失火現象のようなものも一度も出ていない。

 Shoraiバッテリーは本来バイク用らしいが、全然問題なく運用できているし、なんといっても安い。あとは当然軽い。

 俺にとっては大満足の結果になったといえる。

posted by エイトリアン at 20:58| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月13日

■富士スピードウェイ ショートコースでのマイポンダー利用について

20220313_102332.jpg

 俺は遥か昔に、のんちゃんから譲ってもらった永久版マイポンダーを使っているんだが、未だにコレ、使えるサーキットでは超現役。サブスクモデルじゃないので、維持費が一切掛からない。すばらしい。中古で確か2万とかで譲ってもらった記憶アリ。

 で、そのマイポンダー、富士ショートで使えるか?の検証をしてきた。

 富士ショートもAMBのポンダーは使ってるんだけど、mylapsとかspeedhive(ネットでラップタイムが確認できるサイト・アプリ)にデータを投げる設定になってないので、これまでは全く使えなかった。

 ところが最近、富士ショートでは計測無料キャンペーンってのをやっていて、その頃からmylapsとかspeedhiveに富士ショートっていう表示が出てくるようになっていて、お?まさかマイポンダーも使える?と思ってた。

 ただ、お知らせをみたら無料キャンペーン終了、となっていて、計測サービスの有無もサイトで確認できない。

Screenshot_20220313-145447_Kiwi Browser.jpg

 こーいうところ…富士ショート…やる気を感じられない…

 で、電話してみた。

 計測サービスは、1日500円でポンダー借りて、紙出力はなし。speedhiveアプリ使って見てください、とのルール。

 マイポンダーは使えます?と聞いたが、よくわからない…やってみないと…とのことだった。

 なら、俺が試すか、ってことで今日の走行となったというワケだ。

Screenshot_20220313-143622_Speedhive.jpg

 ふむふむ。LIVEの方をみる感じなのね。

20220313_082205.jpg

 この日は富士ショートの癖にwww めっちゃ台数が多くて1本目をスルーした。

 で、2枠目を走行し、ピットに戻ってからspeedhiveでリザルトチェック。

 確認したところ、レンタルで借りてる人と番号のが表示されているが、俺のは表示されてない。なんだよー、やっぱ未対応なのかよー、とガッカリした。

Screenshot_20220313-143604_Speedhive.jpg

 なお、この日は3台しか借りてないってことになる。みんな計測サービス使わないのね。

 で、いつも見てるpracticeのページを見てみると、あった

富士ショート_220313_143453.jpg

 ちゃんと全ラップ記録されて、speedhiveでも確認できた。

 富士ショートのLIVE画面はあくまで富士ショート側で登録しているレンタルポンダーを借りた人のみ表示され、富士ショートに登録されてないマイポンダーを使ってる人は、普段通りpracticeで見て下さいって運用になるイメージ。

 全然問題ない。

 これなら500円掛からないし、しかも公式リザルト!

 またマイポンダーのメリット享受してしもた。

20220313_104615.jpg

 にしても、32秒9しか出なくてガッカリマン…いくらオンボロSタイヤとはいえ…。まぁアタックもしづらい環境ではあったけど、それは言い訳マン。

 もうちっとちゃんとしたタイヤで走ってタイム出しておきたい。



posted by エイトリアン at 15:12| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

■ETCのアンテナ場所を変えたらETCエラーがゼロになったエイト!

20220302_093259.jpg

 昨年10月にクルマが戻ってきたとき、ETCのアンテナがミラーの脇、フロントガラスの真ん中の一番上に設置されていた。
 まぁココに付けてるクルマもあるし、別にイイか、と思っていたのだが、俺のクルマの場合、この位置だとETCエラーが頻発してマジ毎回イライラしていた。コレがまためんどくさい状況で、起きない時はまったく起きない。でも、感覚ではゲート通過5回に1回くらいの割合で通信エラーが発生し、ゲートが開かないってことが発生していた。

 ひどい時は、ゲート直前のETCカードチェックOKで通過した直後にゲートでエラーが出る、という状況で、もうホントふざけんなよ状態だった。

 20220302_095554.jpg

 ネットでぐぐったら、なんかETC機器の接点の汚れでエラーが出ることもあるというので、1,800円も出して接点クリーナーを購入してクリーニングしてみたが、全然変わらず…。

 もうムリづら…イヤづら…前はまったくエラーなんておきたことなかったのに…と思ったとき、あれ?もしかして、このアンテナの位置って影響ある??と気づく。

 正面からもアンテナ見えるし、ここに付けるのもメーカー推奨だし、まさか…。

 でもなんとなく、ここの角度がいまいちシャコタンカーの俺カーだと推奨っぽくないのかも…と思う。

 で、ダメ元で配線を外し、以前と同じ位置にアンテナを設置してみた。

20220302_093308.jpg

 そしたらなぁ〜んとなんと、もうエラーとは無縁。エラーゼロになった!!!!!
 マジかよー!結局こんなオチかよー!

 ということで、もしETCゲートが開かない、というトラブルに悩んでいる方がいたら、ぜひアンテナの位置を見直してほしい。想定よりシビアだ。

 ということで、情報共有だエイト!

posted by エイトリアン at 10:04| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月31日

■【レポートその2】K&P製アルミ製オイルフィルターの洗浄を実施してもらったエイト!

P_20220130_160606_1.jpg

 昨年の12月に装着した、K&Pの洗浄型オイルフィルター(ナイトスポーツver)を、約2ヶ月、2000km程度走行して、途中1回オイル交換のみを実施した状態で洗浄してもらった。

Point Blur_20220131_092103.jpg

 もちろん作業は俺ができるはずもないので、RE雨宮の富里工場にてお願いした。
 俺だとたぶん4時間以上かかっちゃうんじゃないだろうかw
 超めんどくせえ。

P_20220130_160429_1.jpg

 洗浄後の写真しかなくてすみません。
 とりあえず、フィルターはかなりキレイな状態。で、小さなゴミみたいのが何個か目視でついているのがわかる程度。

 正直、サーキットハイシーズンだとエンジンオイルの交換頻度が高いので、それほど汚れが付きづらいというのはあると思うが、まずは現状だとそもそもフィルター自体も汚れが多くない状況。抜いたオイルもまっくろくろすけって態からは程遠い感じなので、フィルターが機能してないとかそういうのではなく、単に汚れが少ない、って感じなのだと推測。

 なお、洗浄は普通にブレーキクリーナーで内側からプシャーってやって、それからエアで内側からプシャーっとやってって感じみたい。
 あと、ガワのアルミ部分もブレーキクリーナーでキレイキレイに。

 工数としては、取り外し装着、洗浄含めて40分くらい?程度。
 オイルフィルターが1,500〜2,000円くらい。これまでの交換工賃は1,000〜2,000円くらい。今後これらの洗浄型オイルフィルターユーザが増えたとしても、全体として工賃3〜4,000円とできれば、これまでのフィルター交換分のグロスの売上と同じくらい取れるのであれば、整備工場側もデメリットは少ないのかなとは思った。

 で、さて帰ろうかって時、ここでなんと左リアのハブがガタついてるのが発覚。

 工藤さんが車両チェックをしてくれた時に見つかったのだが、やはりショップでオイル交換をするというのは、こういうメリットがものすごく大きいなと痛感。

 4輪のハブ、10月に全部とっかえて交換したのにもうかよ・・・。
 やっぱ筑波ばっか走ってるとそういうのも出てくるのか・・。

 なお、異音などは走行中一切ないのだが、リフトに上げてハブを揺らすとややわかるというそんな状況。
 俺みたいな素人はダメね・・ほんと・・。

 ということで緊急入院。
 工藤さん、吉田さん、トム、ありがとうございます!

posted by エイトリアン at 09:58| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

■【レポートその1】話題のK&P製アルミ製オイルフィルター(ナイトスポーツ版)を導入!体感などの結果は!?

2021_1204_tenga01.jpg

 以前からちょっと気になっていた、K&P製のアルミハウジング+ステンレスの濾過部分という構成の、オイルフィルターを導入してみた。

 ロータリーエンジンチューニングショップの老舗、ナイトスポーツブランドが出たということもあり、千葉長沼オートバックスのマツダフェアでナイトスポーツ中村社長に直撃し、実際のこのあたりの本音を聞いてみた。

 ナイトスポーツでは、現在リリースしているオイルフィルターでもパワーがあがる様な設定をしていて、2〜3馬力程度は上げた。が、フィルターで実現できるのはそこが限界だと思っていた。

 今回のこのフィルターも、若い衆が商品化したいというので、やるならちゃんとベンチかけて、しかも1回じゃなく複数回実施してデータを取って結果が出るならOKしようということを伝えてやってみたところ、結果が出た。結果が出た以上はちゃんと商品化するのが筋だろうということで作ってみた。

 でも、5馬力程度のUP。純正フィルターと比較しても8馬力程度。
 体感は難しいと思うが、数字は出ているので効果はある。ラップタイムなどへの寄与もそれほどないのではないか。

 という回答だった(エイトリアンのヒアリングに基づく解釈、改変があります)。

2021_1204_tenga02.jpg

 ナイトスポーツさんのベンチ(シャシダイ)の結果一覧。

 交換後に4〜5馬力はたしかに上がっている。

 という回答だった(エイトリアンのヒアリングに基づく解釈、改変があります)。

 まぁでもそこまで中村社長が言うなら、ってことで即決で購入!!
 ちょっとお高いけど、1馬力でも上がるならやっぱり・・。
 なお定価28,000円。お・・おぅ・・。

 フィルターレンチ付きでなかなかありがたい。俺、フィルターレンチなんてひとっつももってないから。

 でも自分で交換って考えた時、結構つらいな〜と思って・・

 なので、RE雨宮さんに交換をお願いしました!

2021_1204_tenga04.jpg

 作業を見ていたが、とても自分でやるのは手間でダルいなってカンジ。できなくもないけど、オイル処理が結構めんどくさいし、手を入れてごちゃごちゃやるのもつらそう・・・。

2021_1204_tenga03.jpg

 で、交換後帰宅までの間、街乗りと高速道路で走行して実際にどうだったのか!?

 ●体感
  ・街乗り→全くわからない
  ・高速道路→全くわからない
  →わかる人はニュータイプだと思う

 ●燃費
 ・興味ないから調べてない

 例えば、乗り出しでスムーズになるのか!?っていうと、別に変わらない。
 高速で踏み込んだ時にいつもより少ないアクセル開度でパワーが付いてくるか?とかいうのも別に。

 体感じゃなく、データでは違ってるのかもしれないが、もともと俺はチューニングパーツについて超鈍感な方なのでいつもの話かもしれない。

 昔、エキマニを交換した直後も、別に・・って良くわからなかったくらいだしw

 なので、結果はやはり、筑波の最高速リザルトで評価したい。

2021_1204_tenga05.jpg

 この辺の筑波のリザルトに表記される最高速が上がってれば、やっぱり効果はでかいと思える。
 ここに期待だ。むしろそこに期待しているわけで、街乗りとか高速とか、体感とかどうでもよく、あったらいいけど別に個人的には何の興味もない。

 数字が欲しい・・。

2021_1204_tenga06.jpg

 なお、先日の榛名REMTでK&Pさんも出展されていて、田淵さんとめちゃくちゃ話をした。
 とても興味深い話などをいっぱい聞けたのだが、その中で一番ポイントだったのが、メーカー系もこのフィルターにすごく注目しているという点だ。

 特にSDGsの観点で、ゴミを出さない。リサイクルできる、という点が高く評価されているということで、なるほど!!!!とすごく理解できた。何回も使うことができて、性能劣化も低いのならこれから先、かなり重要になってくる製品だなと。

 フィルター売却益、というのは確かに少なくなってしまうけど、いずれEVなどの内燃機関外の車両が市場を占める時期までの過渡期、純正車両に標準装備、とかになったりしてこのフィルターはバカ売れするんじゃないかと確信している。

 でも、個人的にはフィルターのリサイクル可否もどうでもいいんだよな・・性能、ていうかタイム・・がついてきてくれれば・・。



posted by エイトリアン at 10:26| Comment(0) | パーツ購入・投入レポート(一般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする