2012年03月01日

■2012/02/25走行 岡山国際サーキット 1分49秒072 ドリフトボックスデータ

2012_0225_okayama_dbox_compare.jpg

 岡山国際サーキット REVSPEEDミーティングのデータです。
 49秒台しか出せませんでした・・残念。

 トップスピードが段違いです。画像は比較対象の5月のデータです。あの時は暑かったということもありますし、エンジンもノーマルだったということもどちらもありますが、ここまで差があると別物ですね。

 エア圧:温間 1.9 4本通し

 2012年2月25日 REVSPEEDミーティング 岡山国際サーキット
 気温 :8度
 タイヤ:KUMHO V700 265/35R18 4本通し
 タイム:1分49秒072(3周目)
 最高速:190.69km/h(DriftBox調べ)

2012_0225_REVSPEED_OKAYAMA_01_49_072_190_69km.dbn
posted by エイトリアン at 06:14| Comment(2) | ドリフトボックスデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です〜

バックストレートの速度バケモノですね。190Kmってありえない・・・。私の車体で180kmが限界速度ですので10kmは違いますね。路面がもっとよければ192Kmとか行きそうですね。

スゴイの一言です。
Posted by 日本車好き at 2012年03月01日 22:57
>>日本車好きさん

 これは筑波でもそうなんですが、エンジンパワーだけじゃなく、アトウッドの立ち上がり及びシフトアップでも数km/hは余裕で変わってくると思います。

 もちろんパワーが一番キモですが(笑

 そういう意味ではまだコースが良くわかっていない部分が多分にあるので、195km/hくらいは別に普通なカンジがしています。ブレーキもまだ余っているカンジがロガーからも明らかですし。

 つまり俺はヘタクソってコトです。

 要修行なのです。
Posted by エイトリアン at 2012年03月01日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]