2012年07月13日

■エビス東に於けるRE-11AとDL Z1☆の比較

2012_0708_ebisu_re11a.jpg

 マツダファンサーキットトライアル福島ラウンドに於いて、走行枠が3本あったため、1本目の練習走行枠をRE-11Aで走行した。前日から早朝に掛けての雨のため、路面がウェットであると想定していたため、当初はRE-11Aウェットの耐性を試す意味が強かった。

 しかし走行を開始してみたところ、路面のほとんどがドライと同等で、ウェットはほぼない状態であったため、実際にはドライ走行テストとなった。

 なお、RE-11Aで走行した枠は練習走行であり、タイム計測は公式には行われない+エビス東は路面に磁気センサーが埋め込まれていないためP-LAP等が使用できないということで、本レポートに於けるRE-11Aで刻んだ「タイム」は、GPSロガーであるドリフトボックスを使っての計測をベースとしている。

 エビス東を走行するのは3回目。ほぼ1年ぶりとなる。

 そのため、まずは自分自身のリハビリ、タイヤの感触確認に加え、直前までウェット路面だったコトを考えて、全開比90%程度での走行。

 エビスサーキット東コースは、雨が降ると必ず川が発生する場所がある。それは一番低いヘアピンの手前と出口の場所だ。今回も見事にそこは川が発生しており、立ち上がり時にアクセルをラフに踏むとテールスライドが発生する様な状況。

 ただここ以外についてはほぼドライと変わらない走行ができ、やや抑え気味の走行であるという点を除けば、ベストな走りが概ねできたと思える。

 練習走行なのでタイム計測がないのでドリフトボックス計測ではあるが、1周目に1分8秒30が出ており、既に昨年の自己ベスト更新&コースレコードも更新だ(非公式なのでここは全く記録されていない)。イキナリだ。

 ちなみに抑えながら走ったこともあるが、TC1000やTC2000で発生していたオーバーステアはほぼ発生せず(エビス東はコーナーの立ち上がりが上りであることが多く、リア荷重が高い状況にあるというのも理由にはあると思われる)、逆に縦のグリップも強く、1コーナーの後の高速S字コーナーでも高いグリップを発揮し、全く破綻の気配が感じられなかった。

 空気圧は冷間1.9スタートで、7周ほど走行後に確認したところ、2.2で4本ほぼ統一であった。気温は20度程度ではあったが、空気圧の上がり方があまり早くないのはRE-11Aの特徴なのかも知れない。

 結果的にだいぶ走行したが、前半と後半でそれほどタレた感じはなく、タイムもほぼ変わらずに8秒前半がコンスタントに出せる状況で、安定している、という評価が可能だろう。

 この日のベストタイムは、競技の正式走行枠1本目にDL Z1StarSpecでの走行した1分6秒941で、単純に比較するとRE-11Aとは1秒4程度のタイム差だ。しかしこの日は2枠目がベストコンディションで、路面もドライ、気温もまだそれほど上がっていないという状況で、単純比較はナンセンスだろう。

 それよりも個人的には、RE-11Aがエビスサーキットに於いて高いパフォーマンスを発揮しているという点を評価している。熱が早く入るがタレやすいのでは?と想定された性能が、少し違っていたように感じられたからだ。

 まず早い段階で熱が入る。これはZ1☆よりも明らかに上だ。そのため、Z1☆ではアウトラップ2周目ではやや不安が残ったのに対し、RE-11Aではウェットであったにも関わらず、アウトラップ2周目から問題なく踏んでいけた。

 横Gや縦Gについては、感覚よりもロガーで比較してみたい。

2012_0709_mfct_ebisu01.jpg

 速度と横Gについてのグラフだ。
 これを見てもらえばわかるが、基本的にほとんど差がない。きちんと使うことで、RE-11AとZ1☆がほぼ同等のポテンシャルを持っていると推測できる。
 ※赤と緑がRE-11A 青とピンクがZ1☆

 もしかしたら、ある程度走行をしているため、ブロックが削れたことが良い効果を生んでいるのかも知れない。

 再度、TC2000やTC1000で試してこの点を確認してみたい。

 RE-11Aはちゃんと使うことで確実に武器となる、そんなタイヤだな。しかし、まだ俺はそこにまで至っていない。あと少しで見えそうだ・・。

 ちなみに今回、耐久レースに出場しているNCECとNA8Cの2台がそれぞれRE-11Aを履いて走行していた。

2012_0708_ebisu_re01_02.jpg
 パーティレースNC車両

2012_0708_ebisu_re01_03.jpg
 NA8C

 予選終了後のタイヤを見せてもらったが、溶け方が265/35R18と異なっており、非常に興味深かった。NCとNBでも違っており、走り方や車重もあるのかも知れないが、何か違う点があるのか?と感じている。

 なので、俺の評価がRE-11AがそのままNCECでのパーティレース車輌でも同じとは言い切れないと想定できるため、違うサイズの方は俺情報は参考程度に留めておいていただければ幸いです。

posted by エイトリアン at 18:44| Comment(0) | RE-11A レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]