2012年08月19日

■物置ドア失敗の巻

2012_0819_物置.jpg

 一応ポリカ波板を貼って、垂木クランプを蝶番の代わりとして使うという手法を使い、可動する様にはしたのだが、やはり波板と言え自重が結構ある感じで、ちと斜めっちゃう。この支えをどうするか?という課題をクリアできないと、まともに開閉できない。こりゃいかん。

 失敗だな・・・。

 まぁ形はなんとかなったが、動きがダメだ。動き部分の強化、または折戸の定番、吊り戸タイプとして上に簡易レールみたいなのを作るか・・。

 とにかく計画しなおしだ。惜しい。

posted by エイトリアン at 17:58| Comment(10) | 自作物置&駐車場 工事系DIYレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度見に行こうか…?
Posted by 緑の彗星(?) at 2012年08月19日 21:03
お暇なときにぜひに…
Posted by エイトリアン at 2012年08月19日 21:16
ドアの下の部分の軸と反対側に自由キャスターを付けると、加重が支えられて、レールほど大がかりでなく、安価に行けると思うよ。
Posted by KOO(くー) at 2012年08月19日 21:39
折り戸なのね。観音開きかと思っていた。それでも、下側にどっちにの転がるタイプの軸をまっすぐ受けているタイプのキャスターをドアの両サイドの下端に付ければ?下はコンクリで平らならば行けそうに思う。それより、ドアの厚みと波板の厚みで開ききるときと閉まりきる部分で角が干渉しませんか?隙間をある程度とっているのかな?
Posted by KOO(くー) at 2012年08月19日 21:48
ドアの4辺だけだとドア単体の時点で自重に負けちゃいますね。
斜めに棒を追加して、ドア単体の剛性を確保すれば良さそう。
Posted by ken_rx8 at 2012年08月20日 00:26
>>KOOさん

 地面が砂利なので、キャスターをつけると結構使いづらくなっちゃいそうですねぇ・・・。

 それから波板の干渉はしない様に微妙なクリアランスを確保しています。なので、ドアとしては全く問題ない状態なんですけどねぇ・・・。

>>ken_rx8さん

 そうですよね、まずは筋交い的に強度を持たせるということも必要かなぁと思っています。

 軽くしたつもりが、結構重くなっちゃって、軽量化はクルマと同様、こういう建造物でも困難な道なんだなぁと痛感しました・・。
Posted by エイトリアン at 2012年08月20日 07:18
シャワーカーテンでいいんじゃ?
Posted by ど at 2012年08月20日 12:09
>>どさん

 それだと風に負けちゃうんでダメなんですよね・・
Posted by エイトリアン at 2012年08月20日 20:05
ここはやっぱり万能なブラインドで・・・(違

風に弱い? それなら、、、

くるくる曲げられる湯船の蓋をぶら下げるのなんかどうでしょ。。。(却下
Posted by あすろんたん at 2012年08月23日 21:17
>>あすろんたん

 湯船の蓋ね〜、アリだなぁ。
 ただあんま長いのないんだよね〜。あと、カッコ悪い(笑
Posted by エイトリアン at 2012年08月24日 05:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]