2013年09月16日

■バックアップバッテリー(偽オートコンピューターメモリーユニット)を作ったエイト

2013_0916_backupbattery.jpg

 俺はリチウムイオンバッテリーとCAOSバッテリーを切り替えて使っているワケだが、大した手間じゃないとは言え、Defiメーターの油圧の位置(必須)だとか、運転席窓の自動開閉機能とかが消えちゃったりするのがソコソコウザいよナとは思っていた。ただまぁちょっとの手間だしまいっか・・とか思ってたんだけど、ウチの電子機器グッズの中に、006P(四角い電池ね)用のソケットがあったので、じゃぁちっとバックアップバッテリーもどきでも作ってみるか・・と思い立ったワケだ。

 なお、アストロプロダクツから同じコンセプトのアイテムが発売されてる。
 ↓コレね



 んでとりあえず電子機器グッズ入れからシガーソケットのジャンクを見つけて、ソイツとハンダ付けして制作。余裕で完成。製作時間 5分。

 で、試してみる。失敗・・。
 電池が古かった・・・。
 電池を交換したら大成功!やた〜!当たり前だけど、006Pだけだと室内のLEDとか全部消えちゃったままなのね。それでもメモリーだけは維持しているってカンジか。

 なおやり方は、以下だ。
 (1)クルマのキーを全部OFFにする
 (2)このユニットをシガーソケットにインストール(カッコ良く言ってるだけ。入れるだけだ。挿入インサート。)
 (3)クルマのキーをACCにする
 (4)バッテリーからケーブルを外す
 〜〜 このあとバッテリーを交換したりする 〜〜
 (5)バッテリーにケーブルを戻す
 (6)このユニットをシガーソケットからアンインストール(そういや、「ぼくらの」ってどういう結末なの?)

 おしま〜い。

 ありがたいことに、アストロプロダクツのサイトで、本物のオートコンピューターメモリーユニットのマニュアルが公開されているので正しくはそちらをご参照ください。

 yajirusi.gifAP オートコンピューターメモリーユニット 取扱説明書(PDF)

 簡単に完成した〜。アストロプロダクツさま、ありがとう!
posted by エイトリアン at 18:42| Comment(5) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ダイオード入れとけばまあ 9V 電池でもいいのか。安い 4L-BS でも 1 個持っとけばいいんじゃないかって感じがするけど。
Posted by J at 2013年09月16日 20:56
>>Jさん

 ダイオード・・入ってない・・w
 単に直結です。
 どうなんだろうと思いながら・・。

 ちなみに4L-BSってなんだ?と思ったら、バイク用バッテリーなんですね。
 http://item.rakuten.co.jp/auc-waveparts/vtx4l-bs/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001

 コレみて、480円!!!なんじゃそりゃ〜と思ったけど、送料1500円で断念・・・。

 コーナンとかで480円だったら即決でした・・。
Posted by エイトリアン at 2013年09月16日 21:13
 個人の作例見ても必ずダイオードは入ってるっぽいよ。だれかにスクーターの廃棄バッテリでももらうといいんじゃない。ブラック姫子の遺品のバッテリとかないの?
Posted by J at 2013年09月16日 22:59
>>Jさん

 なんと!やっぱダイオード、入ってるモノなのか!
 直結してる俺はアホってコトか・・

 スクーターのバッテリー、ブラック姫子のバッテリーはもう、何年もエンジン掛けてなかったので完全に死んでいて、いつもキックスタートしかしておらず、キャパシタとしても動いていたかどうか・・・。
Posted by エイトリアン at 2013年09月16日 23:09
 まあだれかくれるんじゃないの。
Posted by J at 2013年09月17日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]