2016年04月09日

■オーディオの謎配線を少しずつ紐解いているマクツーッ!

2016_0408_audio01.jpg

 俺カーのマーク2、オーディオが抜かれた状態で購入したワケだが、配線がごちゃごちゃしているし、スーパーサウンドシステムを使わない仕様に改造してある風だったが、どうもイマイチ信用ならない感じだった。

 ココでちゃんとしたオーディオ買って、実はアレが足りないコレが足りないとかなったり、変な結線の結果基板ショートとかなっても笑えないので、アップガレージに行ってジャンクカーオーディオを買ってきた。最近アップガレージにばっか行ってんナ。T10のLEDが190円で安いから、ソレもついでに買いだめしたり。

 んでこのオーディオ、CDが音飛びするからジャンクってなってたワケだが、こちとら電源と各スピーカーへの音出しチェックができりゃーいいと思ってたので、電源が入るか否か、ちゃんと4SP分音が出るか否かをレジのトコロでチェックさせてもらう。アップガレージはこういうことちゃんとやらせてくれるから嬉しいよね。

 で、確かに振動を与えると音飛びしたりするので、ジャンクな理由もちゃんと把握した上でコレを購入。なんつっても790円だから、配線チェッカーとして使うには十分すぎる安さ。

 早速配線をしてまずは電源が入るかチェック。一応喧伝テスターで電源が来ているコトはわかっていたので、そこにACCと12Vを接続。それから各SPらしき車側のケーブルに、それぞれのSP-Out端子を1つずつ接続させていく。

 その時に掛けたアルバムは、JudasPriest 「PainKiller」だ。
 やっぱいいよナ、コレ。

 で、結論として、このクルマは完全にスーパーサウンドシステムはキャンセルされていて、汎用カーオーディオを買ってくれば普通に各SPに出力できることが判明。やた〜!

 しかし、リアスピーカートレイには、真ん中に20cmウーハーが純正で付いているのだが、今度はなんとかこのウーハーを鳴らせたらいいな。

 よ〜し、じゃぁちょっと中華製2DINカーオーディオでも買ってみよっかな〜!?

posted by エイトリアン at 00:16| Comment(0) | JZX100物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]