2017年03月12日

■エイトがないと100系を愛でる機会が増えるんだマクツーッ!

2017_0312_jzx100_03.jpg

 最近は100系でウロウロすることが多いのだが、100系マーク2、というか、サーキットガチガチ仕様にしていない車両ってのはやはりメリットがかなり多いなぁと感じることもしばしば。
 正直、俺のMSVの方のエイトは、サーキットユースをメインで考えている車両なので、もちろんエアコンはあるし車検も通るさわやか仕様ではあるのだけれど、内装はほとんど無いしリジッド系のマウントがほとんどなので音もそれなりにデカいし、車高も低いし出っ歯もあるので駐車場などで結構困るし、フライホイールの軽量化などでのアクセルレスポンスの良さは街乗りでのギクシャク感につながるし、と、結構楽ちんぽんで街乗り〜って感じにはなってない。

 あと何よりも、エンジンを大切にしたいので、暖気を十分にやってからじゃないと走りたくない、とか、ちょい乗りでエンジンon/offを繰り返したくない、とかも大きい。

 こうなると、じゃぁちょっとそこいらに行くか、って用途には使いたくなくなってくる。まだエアコンがあるので、田舎方面へのドライブってんでならアリなんだけど、少なくとも都内での用事を済ますための脚として使うのには抵抗がある。大好きなエイトだけど、やはり正直なトコロ。

 で、100系マーク2の場合、ソレがない。車両の動きも脚を固めたとしてもやはりダルいし、トルクがあるので上のギアで走ればまろやかに加速もできる。ちょっと踏めば下からトルクもりもり。楽ちん。
 あと、内装も全部あるしトヨタのクルマなので遮音性も高い。

 エンジンについてもそんなに神経質にならなくてもOK。

2017_0312_jzx100_02.jpg

 そしてなにより、セダンとしての高い完成度、簡単に言えばカッコいい!

 なんか俺、このマーク2、そんなに長く維持しないかも?とは思っていたが、かなり気に入ってかなり好きになってしまったので、間違いなく次の車検、通してこれからも維持したいと思ってる。

2017_0312_jzx100_01.jpg

 俺のマーク2、サイコーだ。カッコいい。

 昨日も羽田空港の駐車場に停めているマーク2を見つけた時、「はぁ、カッコいい」って思ったし、帰り道ちょっと路駐して用事を済ませて戻ってきた時、道路に駐車してあるマーク2を見た時、また「はあ・・好き・・」って思ったり。

 ああ、これは恋だな。

 JZX100マーク2は、ホントにサイコーだ。

posted by エイトリアン at 21:02| Comment(0) | JZX100物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]