2017年12月11日

■エイトリアンカップ岡山5thで惨敗だエイト、だけど楽しかった!

2017_1202_okayama05.jpg

 2017年12月2日(金)に実施された、エイトリアンカップ岡山・・もう1周間以上前の話か。終わった後も仕事も夜wもなんか忙しくて、レポートできてなかった。

 まぁ結論から言うと、トップタイムは取れず、2番手で終わった、というコトだ。
 敗因分析は色々あるが、基本的には1年に1回しか走らない、という練習不足、それ以上でもそれ以下でもない。

 ただもう少しできることはあったよナ、というのが本音。

 というのもやはり、練習はゼスティノ、本番は別タイヤ、というのはあまりにもタイヤ特性も違いすぎるので多少の練習にはなるが、コンマ何秒詰める、という世界では厳しいということを改めて痛感した、ということ。まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだけど。

 以前のグリップレベルのタイヤだったらそれでも良かったのかも知れないが、現代のA052やRE-05Dなどのタイヤで勝負をする場合、前日の練習などはそれに準ずるタイヤでないと厳しくなってきてる。ますます財布に厳しいな・・。

 今回の岡山道中、なんだかすごく楽ちんだった気がする。所要時間が7〜8時間というのは、やはりなんとか我慢できるレベルにある。10時間とかなると全然話にならんのだが。やはり新東名の豊田東が接続されたのが、ものすごく影響大なんだろうナ。

 岡山に到着後、すでに前日練習のメンバーが揃っていた。
 関東組では谷田部、キチガイボーイ、YAGIちゃん、関東以外でもいちひろさん、NARUさん、アースさん、こすけさん、Federicoさん、えぬえ〜さん、m@sum@suさん、それから翌日スタッフとして協力してくれるりょっしーさんという感じ。

 俺は岡山の路面改修後一度も走ったことがなかったので、ゼスティノで感覚を確かめながら、思い出しながら走行する。そうそう、こうだったよね、みたいに。で、問題は最終コーナー。以前にあった縁石の先の緑のゾーン?がなくなっていて、縁石から落ちたら即砂利で片輪が落ちたらそのままスピン⇒コンクリートウォール激突、となりそうなので、そこがマジビビってうまく走れないw

 また、翌日はA052で走行予定だったので、この日はややオーバー気味、みたいな感じで走行できて、概ね想定通り。タイムは1分46秒2くらい、まぁ悪くはないけど、概ねA052で2秒くらいupと予想ていたので、この日に45秒台は入れておきたかった。

2017_1202_okayama06.jpg

 夜は宴会w
 Federicoを囲んで、日本文化wについて語る語る。
 こすけさんとなるさんが大暴れ。もう、このお二人ったらお盛んなんだからぁwww

2017_1202_okayama07.jpg

 なお、今回はスイートルームを予約してみた。
 この場所マジ広くて、宴会やるにも超最適。次回以降、ココ使うのがサイコーだなって確信できた。

 翌日は夜露もなく、路面は完全ドライ。それでキンキンに冷えている。
 こりゃ間違いなく良い結果がでそうなコンディション!!

 朝に彗星さんと大佐も到着し、エイトリアンカップが始まる。

 この日スタッフとして、彗星サンだけじゃなく、前日ミッションが壊れてしまったいちひろさん、りょっしーさんとりょんさんが加わってくれて、非常に助かった。結構誘導という面で、MFCT岡山はSUGOと異なりハードかも?

2017_1202_okayama09.jpg

 何回走行しても、やっぱりアタックする時のコースイン時ってのは緊張するよナ。
 こんな時、俺は自分自身にいっつも言い聞かせてる
 「オマエは下手くそ、無理するな、まずは冷静に走ろう、そこからだ。」
 みたいな感じに。

2017_1202_okayama02.jpg

 なお今回も俺はタイヤウォーマーを使い、アウトラップ2〜3周で結果を出そうとしてアタックした。
 そしたら、想定以上のアンダーが出てびっくり。ええええ?そ、そこまで!?
 が、そうは言ってもココでやめるワケにはいかんのでそのままアタックを続けるが、44秒8が出るだけで駄目駄目。
 そのままアタック継続したら、周回遅れのクルマに引っかかってしまい、アタック断念。

 その後再度場所を空けてアタックするが、途中で多少引っかかりながらであったり、ミスをしたりという感じで44秒2止まり43秒台にすら入らない・・。

 で、結果的に2番手という悲しい結果。

2017_1202_okayama03.jpg

 その後の2ヒート目も諦めてはいかん、と車高を落として走行してみるが、気温もぐんぐん上がり、路面コンディションもいまいちだったこともあり、残念ながら結果を更新することはできなかった。

 やはりグリップレベルが高いタイヤだと、現状の俺のセット(フロント10mm リアよりup)はキツく、前後差5mm程度にしないと駄目だということが改めて判明。

 まぁなんにせよこの辺のデータをちゃんと持って走行できていなかった、というのが何よりも駄目だったな。

 とは言え、無事故で帰ることができる、というのは何よりも大切なコトなので、そこは十分成果を出せた、と考えておくことにしよう・・・。

2017_1202_okayama04.jpg

 なお、今回もちょっとカメラを持ち出して色々撮影してみたり(笑

 帰りは、翌日に予定があるので表彰式・じゃんけん大会後猛ダッシュで帰宅することに。
 そしたら、机とか片付けるの完全に忘れていて彗星さんに怒られる・・ごめんなさい・・・。

 帰宅は途中、宝塚から枚方あたりまで18kmの渋滞ってことだったが、ノロノロは動いていて、その他はまったく渋滞もせず、結果的に8時間で到着した。恐ろしいくらい速い!
 決してぶっ飛ばしてたワケでもないし、全く問題ない。途中1回携行缶20リッターの給油は必要だけど、それくらい、体力を考えたら絶対こっちが良い。

 今回のエイトリアンカップ5th、個人的な結果はいまいちすぎたが、イベントとしては満員御礼、東西両方のメンバーが参加してもらえて非常に嬉しい状況だった。

 エイトリアンカップもこの岡山で、なんと50回目。
 50回もやれるのって、参加者の皆さんのおかげです。ホント。

 実は今回、FD/FCの開発主査である小早川さんからも「エイトリアンカップって、ホントにすばらしいイベントをありがとう。」みたいな趣旨の話もしてもらえたりして、とても光栄だった。

2017_1202_okayama08.jpg

 なお、FC/FD/SEの開発主査に囲まれる俺、みたいな写真も撮影したw
 小早川さん、片渕さん、ありがとうございます!

 まだまだエイトリアンカップは続けたいと思っています。
 100回は厳しいかも?ですけど(笑
 みなさん、引き続き一緒に楽しみましょう!

 エイトリアンカップサイコー!!

posted by エイトリアン at 10:55| Comment(0) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]