2007年08月13日

■レポート:8月5日はエイト祭!エイトリアンカップ・ミニ&RX−8「エイトの日」ファミリーミーティング

070805_01_FLAG.jpg 大変遅くなりましたが、レポートしたいと思います。

 当日入場やカウント外分も含めておりますので正確な数字ではありませんが、今回の入場者数他は以下の通りです。

 走行会:73台予定中71台参加。同行者含め約120人。

 ミーティング:120台予定中110台参加。同行者含め約240人。
 ショップ:10社中10社参加。12台デモカー。ショップスタッフ約40名。
 RTEスタッフ:RX-8 3台 16名
 合計:RX-8 196台(当日受付北駐車場分を除く)
    入場者数 約420名

 今回は、たくさんの人たちに支えられてのイベント実施でした。マツダ株式会社様を始めとし、RE雨宮様、プロスタッフ アールマジック様、オートエクゼ様、スーパーオートバックス千葉長沼店様、オーバードライブ様、ディーテクニック様、ナイトスポーツ様、パンスピード様、LEG MOTOR SPORT様、レボリューション様といったショップ各社様のご支援、及びプロジェクト・ミュー様、タカラトミー様、横浜ゴム様によりご協賛、ありがとうございます。

 そしてスタッフとして、朝から晩までホント尽力いただいた、ゲート関係ではおたZさん、しげぞうさん、ヒロミさん、みゅうさん、誘導関係ではらんまんさん、まる元さん、しょこさん。受付ではminiさん、みきぽんぷさん、ちはるさん。駐車場の誘導でKONさん、micさん、ASSAMさん、那由他さん。縁日コーナーでたるみさんの息子さん、andrewさん。キッズコーナーで彗星さんの奥さん、小林さんの奥さん、よたさんの奥さん、那由他さんの奥さん。写真撮影のチームしるですよの皆さん、あんこ腹さん、救護室のしばたん。R-3として協力してくださったとくべ〜さん、yu-paさん、めいさん。本当にありがとうございました。皆さんの協力なくして、今回のイベントはスタートすらできませんでした。深く感謝致します!

 以下長文になりますので、お読みいただければ幸いです。

◆前日夜
 ̄ ̄ ̄ ̄
 今回スタッフとして協力してくれる、miniさん、みきぽんぷさん、ヒロミさんと守谷PAで待ち合わせをしていたのだが、当日までに作成しなければ資料の作成が間に合わず、当初22時到着予定が23時到着と1時間も遅れてしまった。申し訳有りませんでした>お三方

 それから宿泊施設であるモナークに向かう。今回モナークには、前日準備でガンバってくれたスタッフや走行会参加者が宿泊しており、俺らが到着したのは0時頃だったが、既にみんな寝ている様子だった。翌日4:00起きになるので当然といえば当然だが・・。

 到着して部屋に入ると、なんと彗星さん、おたZさん、ANDREWさんが俺らを待っていてくれた。みんな眠いのにありがたやありがたや。そこで前日の準備の状況を聞き、かなり余裕がないということが判明。こりゃいかんよね、という共通認識を申し送り事項として受け取った、そんなカンジ。

 それから俺はまだ資料の作成が必要だったため、みんなには次の日に体力を使うために先に寝てもらい、俺はそのまま作成を開始。この資料は、当日のスタッフ向けの注意事項や作業内容等を説明した内容で、各自が自分である程度作業を判断してもらうためにも必要不可欠なモノだった。なので、どうしても今日中に作成し、スタッフに手渡す必要があったのだ。

 結局この資料作成が終了したのは、2:30頃だった。当初、かねぴーさんから借りたプリンターで印刷する予定だったのだが、プリンターはコースの倉庫に入れたままだということで、急遽とくべ〜さんにメールで送り、印刷したモノを持ってきてもらう様に依頼した(実はとくべ〜さんも印刷できず、ASSAMさんに依頼したとのこと。ドタバタ申し訳有りませんでした・・)。

 それら作業が一段落したので、とりあえず俺は一眠りするコトに。色々準備もあるので、3:30に目覚ましをセット。1時間しか眠れない(笑

 まぁ眠れないよりマシだと考えて、そのまま布団IN。

 まずはお疲れ>俺:-)

◆当日朝
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 朝起きてから、風呂に入って準備を整えて、宿泊していない人も含めて全員をモナークのリビングに集めてミーティングを開始。30人以上いたのかな?モナークのリビングが人・人・人というカンジだった。

 それから今日のイベントの全体内容、各スタッフの注意事項他を説明。とにかく事故が無い様にしようというコトを確認し、各自持ち場へ移動となる。

 コースに到着し、まずはスタッフ駐車場について。今回はスタッフ駐車場の数がかなり少ないこともあったため、ギュウギュウに詰めて駐車してもらう。ところが実はコレがアダとなり、走行会終了後のあの豪雨のせいで一部が沼地状態になってしまい、しょこさんのER34としるのシルビアが池状態でハマっていたらしいとのことを聞いた。確認不足でした。申し訳有りません。

 それから会場準備の方に進む。RTEメンバーには会場の準備も含めてやってもらった。

 ところが準備を開始するかしないかのうちに、走行会参加者の一部が入ってきてしまい、こりゃいかんということで、おたZさんに急いで入り口側のガードを依頼する。

 準備の最中。大きなトラブル?が発生した。それはピットの数について、だった。

 というのも、TC1000では11番ピットまでナンバリングされており、俺はてっきりピットの数は11個あり、ショップ数も11社までは入れると考えていた。ところが良く下の写真を見て欲しい。なんと、1、2、3、5、6、7、8、9、10、11となっているのだ。そう、4番ピットが存在しないのだ。

 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

 き、聞いてねぇヨ!!

 予備として1個ピットを確保しておいたからなんとかなったが、当初の予定通り11社のショップが来ていたら大変なコトになっていた・・・。

070805_03.jpg--これが悪魔のピット並び、だ--

 とまぁ、朝からトラブルの連続であった。その節は大変ご迷惑をお掛けしました・・>皆さん

 そのほかについては、とりあえずは大きな問題は無かった様に思えた・・たぶん・・。

 それから順調に走行会参加者も入場し、指定位置に順調に駐車してもらう。

070805_04_image.jpg --キレイに整列した走行会車両--

◆受付・ドラミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 走行会参加者が続々集まる中、6:30から受付開始となる。ここでも大変なコトが判明。なんとゼッケンが60番までしか無いという!!!えええええ!?ま、ま、マジですか!?確かにゼッケンの箱に入ってるゼッケンを確認すると、その番号しか見つからない。ままままさか・・。

 すんげぇ焦る。実は今回、ヨコハマからゼッケンの箱とノベルティの箱の2種類が届いていた。ゼッケンと書かれた箱の方が1〜60までのゼッケンで、実はもう一つのノベルティの箱に60〜120のゼッケンが入っていたのだ。ノベルティの下に隠されていたので気づかなかったというオチだった・・あ、危ないトコロだった・・・。

070805_dorame.JPG それからドラミ開始。前回のエイトリアンカップでは、ドラミ時に説明が不足していた事項が非常に多かったという反省を元に、今回は事前作成の配付資料に説明すべきすべての項目を記載しておき、当日もそれを念のため再読するという手法を取った。そのせいで若干冗長なカンジもなくはなかったが、説明事項を漏らすことはなかった。経験者には何度も説明があってウザい内容かも知れないが、初心者やサーキット経験が少ない人もいるということで、どうぞご容赦くださいませ。

 そしてドラミ終了後、初心者向け特別ドラミを実施する。今回もDテクニックの加藤さんに初心者向け講師をお願いしており、コース1000の走り方や危険ポイントについて説明をしていただく。コース1000での走行会は、Dテクさんもかなりの回数を実施しているので、この辺は安心して任せられた。

 その間に俺はショップ向けのミーティングを実施。まずは各ショップの代表の方に集まっていただき、簡単な自己紹介。それから今日のイベント全体の説明、同乗走行の方法、タイムアタックの方法について説明する。各ショップさん、結構暖かい目で応援してくださっている様子で、ちょっとだけホッとした俺でした:-)

 しかし実はここでもプチトラブル。実は今回、かねぴーさんから複合機プリンターを借りていたのだが、この複合機のドライバというのが曲者だった。Webサイトにはプリンタドライバだけというモノが存在せず、なんと484MBものCD-ROMイメージみたいのしか無いいという状況だった。とてもそんなのを落としている時間もなかったので、CD-ROMがあるからそこからインストールしよう、とか思ってたら、なんかこのドライバCDがうまく読み込めず、結局この複合機を使うコトができなかった。そのため、当日印刷しようと思っていたアイテムが何一つ印刷できなかったのだった。

 そうなると、ショップミーティングやミーティング参加者の開会式に於いて説明する注意事項等の紙が出力できずに大困惑。さわじぃさんが印字してきたヤツを借りてなんとかしのいだが、この辺、もー少し事前にちゃんと用意すべきだなとホントに痛感した・・・・。ギリギリまで作業をしてはいけません、はい☆

◆ミーティング参加者入場
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そして恐ろしい時間がやってきた。今まで全く経験がない、ミーティング参加者の入場が始まる。しかも今回は、走行会参加車両が行き交う通路とミーティング参加者の車両が完全に交差する状況となる。ぎゃーと思いながら全体をチェックするが、走行会参加者とは違い、一気に8:00になったからといって参加車両が押し寄せる様なコトはなく、少しずつポロポロと集まってくるというカンジだったので少し助かった。

 この時間からは特に、公道側入り口のおたZさん、コースのゲートでみゅうちん、歩行者ゲート担当のらんまんさん、まる元さんの活躍に助けられる。特におたZさんには入り口ゲートにて一人でガンバってもらった。あの暑い中、寂しい状況だったにも関わらず、北駐車場への誘導他をやってもらった。ありがたや・・。

 時間が経過するにつれ、どんどんと入ってくるミーティング車両。TC1000ゲートのみゅうちんに確認したところ、最終的には120台の事前申込み中110台はチェックできたとのこと。ドタキャン率が10%未満とのことで、かなりの確率だ。それにしても良く集まったナァ・・と感慨深く感じる。

 ミーティング参加車両駐車場では、色別駐車を実現した。運用上非常に厳しいとされたが、俺の一存でやると決めた。それに同意してくれたスタッフ各位、ありがとうございます。最終的に、事前に緑の彗星(?)さんが計画してくれた色指定場所にバッチリと各車が駐車されており、完璧に近い状態だった。もちろん当日駐車の誘導をしてくれたスタッフのみならず、駐車のお手伝いをしてくれた参加者の方にも大感謝だ。

070805_02_meeting.jpg --素晴らしい整列具合のミーティング会場その1--

070805_02_meeting02.jpg --素晴らしい整列具合のミーティング会場その2--

◆開会式
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_opening.JPG ミーティング参加者もほぼ揃い、なんとなく落ち着いたと思えた頃に、開会式を実施する。通常の走行会イベントでは開会式などやらないのだが、ミーティングではやはりメリハリをつけるという意味と、マツダのスタッフの方に気軽に声をかけてほしいという意味もあり、開会式を行うコトに決めたのだった。

 開会式はズッピーに司会を依頼し、主催者としての俺の挨拶、併催のR-3の代表として那由他さんからの挨拶、ゲストとしてマツダからの挨拶というカンジで進める。ここは非常に順調に進んだ。しかしさすがのズッピー。ほとんど打ち合わせらしい打ち合わせをしていないにも関わらず、アドリブでこういった司会を進められるのはホントにさすがとしか言いようがない。すばらしい。

 ちなみに俺はかなりの小心者なので、こーいうみんなの前で話とかする時はいつもキンチョーしちゃう。プレゼンとかでもそうなんだよナ。かなりごまかしてるけど、実はいっつもドキドキ(はぁと

◆縁日・屋台・ジュース販売・ショップブース
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今回はミーティングの企画ということで、いくつかの趣向を実施した。一つは縁日コーナーだ。縁日コーナーはたるみさんの息子さんに全体統括をお願いしていたのだが、コレは大正解だった。たるみさんの息子さんに加え、ANDREWさんにもお手伝いいただき、縁日コーナーはうまく回っていた様子だった。

 このコーナーでは、スーパーボールすくい、水ヨーヨーすくいとわなげ、エアロRCコーナーを設けていたが、「高学年の子たちが来たら、全然楽しめないんじゃないかな・・」と不安だったが、そんな心配は杞憂に終わり、それなりに行列みたいのもできていて、結構それなりの評価だったっぽいのでホッとした。このコーナーについては、ちょっとだけ気合を入れていたので、子どもたちが喜んでくれている姿を見ることができたのは、非常に幸せなひと時だった。

070805_ennichi.JPG -- 縁日の風景 --

 それからジュース販売だが、これははっきり言って失敗だった。いまいちジュース販売というものが良くわかっておらず、氷を入れておけばなんとかなるかという甘い考えでいた。しかし半貫目程度の氷では全然役に立たず、氷をバンバン使わないととても売り物にならないというコトを痛感した。ケータリング業者の方から「ジュース販売は、氷代でほとんど利益が出ちゃって、全然儲けが出ないんだよね」と言っていたのが良くわかった。
 そもそも儲けなんてどうでも良く、自販機のジュースが売り切れるかも?というコトで用意したジュースだったが、逆にジュースが大量に余ってしまうという事態に陥ってしまった・・・。ガンバって冷やしていたのだが、ヌルいジュースを買って下さった方々・・本当に大感謝です・・。たぶん今後はよほど効率的な機械でも借りられない限り、ジュース販売は実施しない方向だ。大失敗・・トホホホ・・・。

 浴衣ぎゃるがにこやかにジュースを手渡す、そんなイメージ図はまぁ成立していたが、さすがにヌルいジュースじゃね・・・。

 屋台、というかケータリングについては俺も利用したのだが、まぁちょっとお高めだったがカキ氷はやはりサイコーだった。たこ焼きがすげー自慢!というコトだったのだが、あの暑さと疲労の中では俺の喉に入れることはできなかった・・。誰か食った人、感想教えてください。

 それに加えてキッズルーム。部屋も狭いので、全員が入ったら大変なコトになってしまうという懸念から、実はキッズルームは隠しオプションで、走行会参加者のお子さんや家族の方向けに用意したモノであった。当日はかなり暑くてハンパじゃなかったのだが、思惑通りにキッズルームには人がかなり殺到した模様。中でDVDの上映を行っていたのだが、とりあえずお子さんはそれを見たりしていた様だったが、人が殺到してしまったために、冷房の効きが悪くなり、室内は結構暑くなってしまったとのこと。また、わかりやすいスタッフが中にいなかったために、ちょっとしたトラブルが発生した際、計時の人に問い合わせが行ってしまったという問題も発生した。

 ちょっとキッズルームは課題が多すぎたかな、という感触。ただ、あくまで今回は試行だったので、今後は辞める方向も検討している。やはり「キッズルーム」と銘打って場所を用意すると「何かしてもらえる」という感覚の人が多くなってしまうため、「誰か」が何かをやってくれるものだという空気だとすると、ちょっと厳しい。奥様方でもう少し横のネットワークでうまくできれば良いのだけれど・・・。

070805_shop_image.JPG また、今回ショップブースを設けてその場で販売等を行っていただいたワケだが、場内の放送をうまく活用できなかった点と、事前の告知不足もあり、あまり大盛況というワケではなかったのが非常に悔やまれる。ミーティングのメイン会場であるメインステージから離れていたというのも暑すぎる天気も一つの理由だったろうが、やはり運用に課題が残される。

 もっとワイワイにぎわいの場にさせたかったというのが正直なトコロだ。

 というカンジで、イベントについては初めての企画であったため、ほとんどが課題となってしまった・・。後述するトークショーが、ぎりぎりセーフだったという感触だ。やはり、この手のイベントは回数をこなさないとかなり厳しいナ。

◆ドレスアップコーナー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 色別駐車と共に実施したのが、ドレスアップコーナーだ。某マセラティ風エイトに乗っているTさんからのメールでこのコーナーが出来上がったといっても過言ではない。Tさんから、「駐車場所はどこか決まってるのでしょうか?」という質問が来て、ハッとしたのだった。当初の予定では、ドレスアップコーナーはおろか、色別駐車も行わない予定だった。運用上、来場順に駐車してもらう方が渋滞もしないし、事故も少ないと考えたからだ。

 しかしTさんとメールで何度かやりとりするうちに、なんだよせっかくドレスアップカーとかちゃんと来るんだったら、一箇所に集めた方が絶対にいいよな!と思い、それから自薦他薦も含めてドレスアップカーについて希望者を募り、このコーナーが生まれたのだ。

 ちょっといきあたりばったり風味なエピソードだが、参加者とより近いエイト祭ということで・・・:-)

070805_dressup.JPG -- ドレスアップカー風景 --

◆走行会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_02_soukoukai.jpg 走行会については、自己申告タイム順に12台ずつABCDの4つのクラスに分けた。午前中は15分×3 ヒート。午後はスーパーラップということで、同時コースイン台数を半分の6〜5台に、走行時間も半分としてクリアラップ状態でアタックをしてもらうというヒートを2枠設けた。参加費が19500円と一般の走行会と比較してチョイ高めのエイトリアンカップなので、できるだけ多く走ってもらおうとギュウギュウ詰めのスケジュールにしたのだが、参加者から「あんなに走れないからもっと少なくして欲しい」という要望がいくつか出たのが、少し寂しかった・・・(笑

 せっかくガンバってイッパイ枠作ったのにのにのに・・・(笑

 なお、クラスによるが、大体タイムのバラつきが少なくなっているということもあり、それなりにクリアラップも取れて走れたというのが総論と感じた。特にスーパーラップでは、1本目終了後に走行者に「走りやすいか?」と聞いたところ、前車と詰まるコトがあり、クリアが取れないと、台数からはあり得ない回答だったので、急遽対策としてコースインタイミングをズラしたり、俺自身が誘導したりしてその辺を回避・・できたと思う。多分。

070805_yudo.JPG -- ガンバって誘導するカッコいい俺の図 --

 せっかくコース場に5〜6台しかいないワケなので、ちゃんとタイミングさえ見計らえば、絶対に前車と遭遇しないで周回できるハズ。そういう風にたっぷり楽しんで走って欲しいと企画したスーパーラップなので、ぜひともベストを更新して欲しかった(時刻的に気温も厳しかったので、ベストを更新できたかどうかは微妙だったが)。なので、きちんとスーパーラップを走ってもらえた感触を得られたので安心した。

 当初の予定では、朝イチのタイムがベストで、午後にはベスト更新はあり得ないだろう・・な〜んて思っていたのだが、午後にベストタイムを出す人が続出。あ、暑いのに・・・なぜ・・・。皆さん、まだTC1000慣れていないからだろうが、集計するのが大変なんです(笑

 今回の走行会、ヒート数が多くなったため、筑波側からはちゃんとした総合リザルトが出せないという、ちょっとお粗末なシステム仕様が露見した。仕方がないので、前半と後半で2分割してその速い方を手作業で採用するという、地道な事務処理を裏側では行っていました。めちゃめちゃ大変だった・・・・・・・・・・。

 ちなみに走行会の誘導には、まる元さんとしょこさんにお願いした。丸一日この2人にはず〜っと立ちっぱなし誘導しっぱなしを任せてしまった。ホントにお疲れさまでした!!なお、ホースのシャワーは俺が掛けたんじゃなく、しょこさんが自ら掛かって来たんです。誤解ですから・・・。

◆初心者クラス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_04_syosin.jpg エイトリアンカップでは、よほどタイムスケジュールに余裕が無い時以外は、できるだけ初心者クラスを設けてる様にしている。今回はTC2000よりスピードレンジも低いということで、1本のペースカー先導アリ走行枠を走ってもらい、次からの2本は先導もなくフリー走行を実施してもらうというプランにした。この試みは大成功で、申し込み時点でも初心者クラスがキャンセル待ち多数という状況になるほどだった。

 もちろん走行内容についても、ドラミや先導、その後のフォロー等でDテクの加藤さんが実施してくださったおかげで、かなりの方に満足いただいたのではないかと思う。

 俺も今回は、できるだけ初心者クラスの方が寂しく無いように・・と思って声を掛けにいったが、実は初心者クラスの方は結構お互いに情報交換をしながら和気藹々と楽しくやっていた様で、一人寂しく・・という人はほとんどいなかった様に見えた。

070805_syosinsya.JPG -- 初心者クラス 先導付き走行風景 --

◆トークショー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_talkshow.JPG そして今回の大きな目玉の一つ、トークショーと開催だ。このトークショーには、なんとプログラム開発推進本部 主査 片渕 昇氏、そしてデザイン本部 チーフデザイナー 前田 育男氏という豪華メンバーを迎えての内容だった。

 ズッピーの司会進行に、お2人方が答えるという内容で、事前に準備しておいた質問事項と当日その場で質問を受け付けるという内容であり、非常に濃い話題も飛び交い、参加された方にとってはすごく満足いく結果だったのではないかと思われる。このトークショーの内容については、映像撮影班が撮影したモノをいずれ公開したいと思う。イロイロと危ない話も聞けたりした。ここだけの話、というのもあったりと・・。さわじぃさんの2速3速が離れてるのはなんで?という質問にも回答があったゾー。

 なお、トークショーは当初1時間半の予定であったが、ズッピーの判断により、この場をあと30分以上続けたらみんなおかしくなるというコトで、1時間程度で終了するコトに。確かに炎天下の中、屋根もないままず〜っと居るってのは大きな問題だったと感じた。もし次回以降実施するのであれば、屋根付きの設備を用意したい。マツダ様・・設営に関するご協力をよろしくお願いします:-)

 このトークショー、走行会参加者は聞くことができなかった人が大多数だとは思うが、ミーティング参加者のためのメインイベントとして考えていたので、どうぞその辺はご容赦を・・。

 なお、この写真を見て気づかれた方もいらっしゃるだろう。このステージは、緑の彗星さんが単管パイプと足場材、および養生シートで作った手作りのモノなのだが、その背景にはデカデカとRTEのロゴの横断幕が掲示してある。縦90cm横300cmの大物横断幕だ。このイベントに合わせてコッソリ作成しており、今後、RTEとして出場するイベントにはコレをどんどん使っていきたいと思っている。非常に満足いく出来栄えだった。

 ちなみにのぼりなんかも作ってある。やはりこーいうのは、ハッタリが大事なのだ:-)

◆デモカー同乗
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_04_amemiya.jpg せっかくサーキットでイベントやってるんだから、ショップのデモカーのスポーツ走行に同乗してみたい!と思う人が多いだろう、と考えて実施したデモカー同乗コーナー。あんまり集まらなかったらどうしよう・・という懸念は一気に払拭。受付開始のかなり前から行列が始まり、用意した人数分のチケットは一瞬で捌けてしまった。ほとんどのデモカー同乗希望者が、きちんとヘルメットや長袖も準備してくれていて、その意識の高さも非常に嬉しかった。おそらくスポーツ走行にかなりの興味のある方が同乗をされていると予想でき、いずれ自分のクルマでのサーキット走行も始めてくれる層だろう。

 初心者クラスもそうだが、エイトリアンカップでは常にサーキット走行を楽しむ人たちのすそ野を広げていくということを一つの命題として捕らえている。RX-8という車種でのスポーツ走行の盛り上がりは、今のエイトオーナーに対してだけではなく、マツダにとってもエールとなり、そのエールはいずれ自分たちに次の世代のスポーツカーをマツダがまた造るキッカケになるだろうからだ。

 エイトリアンカップ、そしてRTEはそれができる存在になりつつある。少しでもサーキット走行に興味を持つ人が増える様に、その楽しさをこれからもイベントやblog等で発信していきたい。

 この同乗走行では、なんとパンスピードの筑波59秒ペリフェラルポート デモカーまでもが同乗可能だという。実はあのクルマ、助手席部分は何も装着されておらず、助手席をいつでも取付可能な状況なのだ。今回は、エイトリアンカップのためにわざわざ助手席を用意し、同乗させていただけるコトに。あ、ありがたや。こんなクルマに乗れるチャンスは、そうそう無い・・。俺も乗りたかった・・かった・・かった・・・・。

 同乗走行は、RE雨宮、R Magic(銀八)、オートエクゼ、オーバードライブ、ナイトスポーツ、パンスピード、LEG、レボリューションの8社8台により行われた。まぁ現地にいた方であれば良く分かるが、ハッキリ言ってこの同乗タイム、パンスピードのインパクトが強すぎたと言っても過言ではない。あの音・・・・・すげぇ・・・。

 ちなみに筑波サーキットでは、本コースとコース1000では騒音規制が異なっており、パンスピードデモカーはおそらくコース1000の規制に引っかかるだろうと筑波スタッフから言われてしまった。す、すみません・・・。

 この同乗走行タイムでは、助手席に希望者を乗せ、3〜4周走行してピットに戻り、次の希望者を乗せてまた走り、そしてまた次の人を乗せる、と3人を乗せるヒートを2ヒート実施した。走行しながら「ウチの足っていいでしょ〜。コレがこうなるんだよね〜。」とにこやかな会話が繰り広げられるだろう・・と思って・・はいなかったのだが、やはりそうではなかったと後から同乗した人に聞いた。

 ショップデモカーの一つの目玉イベントである、タイムアタックが午後に控えているが、ショップ契約ドライバーのほとんどがTC1000は未経験。なのでこの同乗走行の際にセッティングやギア、感覚を調整してくるだろうと予想していたのだが、やはりその通りになっていた(笑

 ピットに戻ってきた車両は、コレってレースなのか?と思う程のピットワーク、ドライバーとメカニックとの会話が真剣にやりとりなど、明らかに同乗走行というよりも15分のセッティングタイムとして認識しているショップが、チラホラと・・・。ま、まぁ分かってはいたけど、ここまでド真剣だと、ちょ・・ちょっと・・・(汗

 しかしまぁ、パンスピードはエンジン音だけでなく、ギアの切り替えもスゴかった。ヒューランドのシーケンシャルミッションは、筑波のストレートで何回シフト上げてんの?ってカンジだった。すべて異次元だったので感激した。レボリューションも5.1ファイナルにしてきたということで、ストレートでギアを上げていた。

 自分で企画したイベントだが、コレは大成功だと非常に感じた。自画自賛を許してください・・・。そもそも、自分が参加したい!と思う内容を具現化したのがエイトリアンカップなので、そりゃ自分が楽しいと思えるのは当たり前なのだが、参加者の笑顔とかをみるにつけ、ああ、やって良かったナと強く再確認できた。

 しかし悔やむべきは、やはり主催者が同乗できないというコトで・・・。

 ショップのみなさま、いつかサーキットでお会いした時は同乗させてください・・・

070805_04_pan.jpg --パンスピードの同乗走行の様子--

070805_shop_honki.JPG -- 同じくパンスピード 本気なシーン --

070805_shop_drift.JPG -- 随分と遊びが入っていたオートエクゼw --

◆レースオプション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_checker.jpg 今回の初の試みとしては、レースオプションも挙げられる。前回初めてRX-8 GrandPrixというレースクラスを設けたが、思っていたよりも台数の集まりが良く無かった。やはりレースに対して「危ない」というイメージを持つ人が多いからだと分析している。

 もちろん走行会と比較すれば接触の危険度は高まるが、走行会とはまた違う楽しさがあるのも事実で、きちんとルールと節度を守れば接触無しで楽しめるというコトを少しでも多くの人に感じて欲しいということで、章典外の模擬レースを企画してみた。これは、グリッドスタートはあるが、その後の走行は基本的にフリー走行で、もちろんレース的な走りをしてもよいが、インを閉めたりブロックしたり、無理な追い越し・追い抜きはしないというお約束を前提としたモノであった。

 こちらも想定以上の希望者が集まり、キャンセル待ちが発生する程だった。レースをやってみたいと思う人がこんなにいたというのは、非常に驚くべき結果だった。まぁ、TC1000だからこそ集まったとも言え、これがTC2000だったら模擬レースでももしかしたらココまで集まらなかったかもしれない。

 このレースオプションは、5周という短い周回で終わるのだが、参加した方の満足げな笑顔を見た時に、あ、やってよかったなと強く感じた。レースオプションに参加された方は、次はぜひRX-8 GrandPrixへの出場もご検討くださいませ!

 なお、リザルトは以下の通り(敬称略)
 1位 :あ〜るXハチ おおかみ号
 2位 :RTE てきどん201
 3位 :kero
 4位 :RTE naomisan
 5位 :めい
 6位 :Taku
 7位 :Roxy
 8位 :おいちゃん☆
 9位 :あ〜きん
 10位:JSG
 不出場:やんま
 不出場:RTE mic

◆ショップデモカー タイムアタック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そしてお待ちかね、ショップクラスのタイムアタックの時間だ。お待ちかねっていうのは俺も含んでいる:-)

 もちろん個人的に応援しているのはRE雨宮だ。自分がお世話になってるショップを応援するのは自然なコトで、皆さんそれぞれ自分の贔屓ショップを応援していた様に見えた。
 ホントは観客席で見たいトコロだったが、重要な車両誘導の役目があったため、ピットロードから観戦するコトに。ココでも十分迫力があり、大満足であったが。

 最初にアタックするのはRE雨宮NOS-8号。ドライバーは草の池田さん。NOSは同乗走行時に使い切ってしまったとのことだが、なんとネオバで42秒1というタイムを出してきた。素晴らしい。まさかR1Rが相手だからって、素人にタイムで負けちゃいかんですよね・・・?とプレッシャーを掛けた甲斐があったというモノだった。RE雨宮、おめでとう!!

 次はR Magicの4ATデモカーである銀八だ。ドライバーはまるさん。さてどうなるか???期待のアタックだ。本日唯一の素人ドライバー。4ATの実力はいかに?
 結果はなんと44.262。ファイナル換えてるらしいが、かなり速い。タイヤもネオバだ。しかしネオバでTC2000を7秒というにはちょっと厳しいタイムかも知れない。

 続いてオーバードライブ武地さん。完全にアウェイな筑波サーキットでどこまで結果を出せるか?しかもDIREZZA Z1だ・・不利だ・・不利すぎる・・・。しかしそんな環境でもカッチリ結果を出してくる。44秒5。結果は不満足とのことだったが、次はスリックで勝負するという熱いコメントを貰った!

 次にターボ仕様のLEG MOTORSPORT 青8マン、倉迫さんの出番だ。岡山で52秒とかワケわかんねータイムを叩き出す恐ろしい程に仕上がってるマシンとそれを操るUDEの持ち主の登場だ。結果はどうだーーーー?42秒792。さすが・・さすがだ・・・。タイヤの銘柄は忘れてしまった・・誰か教えてください。

 そしてレボリューションの登場。Sタイヤ+5.1ファイナルの出番だ。軽量化もしていないユーザカーと同様の仕様でどこまで出せるか?ということで注文されたが、ななななななんと・・・、40秒8を出してきた・・40秒!?過給器も軽量化もしてないのに?レボリューションの技術力には感嘆した・・・。すげぇ・・。

 次は目玉中の目玉、パンスピードのデモカーだ。一体何秒出すんだかさっぱりわからない。TC2000仕様のギアのまま持ち込んでおり、ギア比は完璧に合っていないハズ。

 どうなるんだ?どうだーーーーー?

 まずピットロードでは、その爆音で耳がキーンとなってしまった(笑

 あ、そんなネタはともかく、まずは1周目・・・なんといきなり39秒を出してきた・・はぁ??39秒!?な、何言ってんのこのタイム?と思って2周目に突入し、コントロールタワーを通過した瞬間、電光掲示板にはあり得ない数字が刻まれていた。なんと38秒812だ。さささっさささ、38秒!?!?あ、あ、あ、あ、あありえねえ・・・RX-8のタイムじゃねえよ・・・スゴすぎる・・・・・・・・・・。

 こんな結果を受け、R Magicのピンク5号が負けじとタイムアタックに出陣する。同じドンガラ+ナンバー無し車ということで勝手にライバル扱いをしたワケだが、トリを務めるピンク5号が何秒出せるか?に注目が集まった。ドライバーは銀八同様まるさん。

 結果は40秒363だった。残念ながらパンスピードに及ばず。

 といった形で、ひっっっっっっっっっっっっっっっっじょぉぉに盛り上がり、俺自身も超大満足な内容だった。チャンスある限り、これからもショップデモカーの熱い闘いを企画したいと思う。

 ショップのみなさま、今後もご協力をお願い申し上げます!

◆RX-8 GrandPrix
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_05_race.jpg 最後を締めくくるイベントは、もちろんRX-8最速を決める、RX-8 GrandPrix、すなわちレースだ。

 日本一のエイト使いを決めるイベントと自負しているRX-8 GrandPrixだが、今回は俺自身が参加できず、非常に残念で仕方がなかった・・・。日本一の俺が出ていれば確実に優勝だったのに(RTE

 なお、RX-8 GrandPrixではレギュレーションの区分けがないため、Moreクラス車両が有利になってしまう。このあたりについても今後は検討課題としたいが、現時点では参加台数も少ないため、何でもアリの混合状態になっている。タイヤもR1Rまで認めているため、正直マシンスペックに差がありすぎるかも知れない。

 レース参加者は12台。みんなタイムアタックでは速い人たちばかりだが、レースとなるとまた勝手が違う。タイムが速い人が必ずしも1番でチェッカーを受けられないのもレースのおもしろさだ。

 ポールポジションはre_araiさん。マシン不調も治った様子で、なんと42秒453をマークしていた。2番手にさわじぃさん。42秒498。当人もまさかポールを獲られるとは思っていなかった様子。3番手は最近売り出し中のみつさん。こちらも42秒676とTC1000経験が少ないのにこのタイム。勘弁してください:-)

070805_yukata02.jpg レースクイーン役の浴衣ぎゃるがコントロールタワー前を残り時間を示すカンバンを持って優雅に歩く。1分前、30秒前。そしてコントロールタワーで5秒前のカンバンが示され、赤信号が点灯する。そして消灯―――スタートだ!!!

 ホイールスピンのスキール音をかき鳴らしながら12台のRX-8が第一コーナーに向かって進んでいく。危ない!と思えたが、特に何も起きずにそのまま第二コーナーに進み、そしてヘアピン進入。

 手に汗握る展開だ。

 この後の詳細は、naomisanの亭主関白ムービーをお楽しみください(笑

 2位だったさわじぃさんがヘアピンでミスったre_araiさんを抜き、そのまま優勝、準優勝はre_araiさん、3位はみつさんと続いた。そしてこのお三方がコントロールタワーでシャンパンファイトを実施した。

 ここで大きなトラブル発生。なんとシャンパンが見つからないという連絡が無線で入ったのだ。ちょ、なんで?なんで??もう時間も限界なのに見つかりそうもないため、急遽エアシャンパンを実施してもらうコトに。エアシャンパンとはらんまんさんのアイディアだったとのこと。さすがです。

 エアシャンパンでも結構盛り上がったらしい。さすがはズッピーのMCだと感じた。

070805_air_シャンパン.jpg -- エアシャンパンな様子 --

070805_uresi.JPG -- すげぇ嬉しそうだナ ォィ --

 リザルトは以下の通り
 優勝 :RTE さわじぃ
 準優勝:RTE re_arai
 3位 :RTE みつ
 4位 :RTE 爆走HANA
 5位 :RTE ニッシー
 6位 :RTE たるみ
 7位 :RTE KOO
 8位 :RTE ken_rx8
 9位 :フォルテ
 10位:風来坊
 11位:RTE ミセガワ
 12位:QYR

◆表彰式・ジャンケン大会・閉会式
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
070805_hyosyo_image.JPG 全てのイベントが終わり、表彰式となる。

 リザルトを集計し、メインステージへ向かう俺とズッピー。既に俺の身体はボロボロで、限界値を超えていた。しかし最後のこの締めをやらなければ、全てが終わらない。

 当初自分が進行する予定だった表彰式も、ズッピーに依頼し自分は裏方に徹する。とてもテンション高くできそうもなかったからだ。

 表彰式やジャンケン大会は、前回のアンケートで「長すぎる」というコメントが非常に多かったこともあり、一気にスピーディーに運営することに最大限努めた。とは言え、せっかく入賞した人を軽んじることは絶対にしない、協賛してくださった企業ももちろん軽んじない、感謝の念を忘れない、この点をしっかりと胸に抱きながら運営した。

070805_表彰.jpg -- 表彰者の面々 --

 表彰式・ジャンケン大会共に非常に順調に進み、特にジャンケン大会は大型商品・高額商品が多かったこともあり大いに盛り上がった。協賛してくださったショップ、企業各社様には深く感謝致します!

070805_airo.jpg -- ジャンケン大会ではなんとこんな大物も --

 そして記念の写真撮影を実施し、閉会式を実施しようとした頃には雲行きが非常に怪しくなってきており、コース2000のはるか向こうの空にはイカズチが目視できる程であり、ゴロゴロゴロと激しい音も聞こえてきた。

 そのため、形式張った閉会式は実施せず、俺からの終了の挨拶を以てエイト祭を締めくくるコトにした。

 長かった一日が、ここで終わった。

 参加してくださった方から、口々に「エイトリアンありがとー」といった言葉が出ていたのを聞いて、本当に嬉しく感じた。自分の存在価値はどこにあるのか?人に認められることで自分を改めて認識できる、と哲学風に語るつもりはないが、そういうことを強く感じる一瞬だ。

 こちらこそありがとう――――

 俺からのこの言葉は参加者にちゃんと伝わっただろうか――――

070805_syugo01.JPG

070805_syugo.JPG

◆後かたづけ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 閉会式が終わっても本当に終わりではない。参加者と会場の早期撤収が必要となる。しかも嵐が目前に迫っており時間的猶予はない。スタッフのみならず、RTEメンバーにも手伝ってもらって一気に解体・撤去・片づけを実施。そしてほぼ片づけが終了したかな?という段階で、激しい豪雨が我々を襲う。

 日中のあの天気はなんだったんだ?と思える程の豪雨と風。イベント途中でこの嵐が来なくて本当に良かった。アウトドアのイベントでの嵐は、イベントの失敗とほぼイコールだ。

 天も我を見放さなかったと、強く感謝の意を念じた。

 豪雨の中、倉庫の中でスタッフの閉会式、終了式を実施した。

 そして最後に、一番のパートナーとして一番活躍してくれた、緑の彗星(?)さんと固い握手を交わした。お互いの健闘を讃えて。この瞬間、涙が出そうになったのはもう公然の事実なので明かしておこう。

 そして何も無くなった筑波を後にし、エイト祭が本当に全て終了した。

070805_05_image.jpg

◆最後に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 このイベントは、確かにエイトリアンが企画して、RTEとして実施したイベントです。ですが、俺だけでは何もできませんでした。協力してくれる人たちがいて初めて成立したモノです。俺はそんな人たち全てに感謝を忘れません。

 そして参加してくださった皆さん、皆さんが参加してくださることが大前提です。これからも、皆さんが「参加したい」と思える内容のイベントを企画していきます。

 まだまだエイトリアンカップは成長と挑戦を続けたいと思います。

 これからの皆さんのご支援を、改めてお願い申し上げます。

 本当にありがとうございました。

 俺の挑戦はまだ終わらない――――――
posted by エイトリアン at 00:00| Comment(27) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさんでした。
参加できませんでしたが、当日の臨場感が伝わってきました。
素晴らしいイベントになったようで、事前打ち合わせに参加しただけの私も嬉しいです。
しかし、オレのプリンタ、役立たず・・・すんませんでしたm(_ _)m
Posted by かねぴー at 2007年08月14日 18:14
何度も言いますが、皆さまお疲れ様です。そして、素敵なイベントをありがとうございます。

楽しいから、だんだんとエイトリアンカップが、私生活の年間スケジュールになりつつあります(笑)
Posted by しぇ at 2007年08月14日 18:22
いやぁ。
本当にお疲れ様でした。

実は僕も握手の際には涙が出そうになったのが
実情です。

ほんとに、一緒にできてよかった、と言えるイベントとなりました。

とはいっても、まだまだ反省点は多い、
いろいろ改善しなくてはならない点も当然多い、

ということで、今後も、参加者の皆様と成長できるようなイベントになっていければいいですな。

とにかく、お疲れ様でした。
Posted by 緑の彗星(?) at 2007年08月14日 19:07
皆さんお疲れ様でした。
次回もお手伝いさせて下さい。

>デモカー同乗
>同乗走行の際にセッティングギア、感覚を調整してくるだろうと
最終コーナーで土煙を上げていました。
同乗したいた方、驚いたでしょうね。
Posted by あんこ腹 at 2007年08月14日 20:20
お疲れ様でした。
運営側としては全く役に立てませんでしたが、
参加者としては非常に楽しめました。

今後も色々なイベントを行っていくと思いますので、
より楽しいものへと出来るよう手伝えればと思います。

Posted by みつ at 2007年08月14日 20:46
長文なレポートもお疲れ様でした。
 全てな思い感動が集約されてますね。
『RTE』「エイトリアン」と共に今後の活躍を期待しつつ貢献したいと思います。
 
Posted by re_arai at 2007年08月14日 22:23
ドンドン大きく、様々な企画が盛り込まれていくエイトリアンカップ。確かに一人ではできない規模のイベントかもしれないけど、それを統率していくことができるのは限られた人だと思います。

所属チーム(クラブと言ったほうがいいか)のリーダーがそのような人であることを誇りに思います。

※今回はオチなしで。
Posted by さわじぃ at 2007年08月14日 22:29
リーダーのこの締めのレポートを読んで、ああ終わったんだなと実感します。

心残りは、バテバテで、トークショーを見られなかったことと、浴衣クイーンとの2、いや3ショットを収めることが出来なかったこと。 心身ともに鍛えて出直しです。

嫁は、IDに本人との続柄を”飼い主”と書き入れております。 誤解なき様。 
Posted by naomisan at 2007年08月14日 22:41
次回も、出来る限り前日から手伝いできればな〜と思います。
次は、気候の良いときにお願いしますだ。
エイトリアン!!、ありがとう&お疲れ様でした。
Posted by 風来坊 at 2007年08月14日 22:41
レポートおつかれさま

ズッピー良かったですね
呼んだことがスーパーファインプレーですよ
ホント今回は彼にしかまかせられないというところですね

次回は少しでも負担軽くなるよう頑張りますよ
Posted by RTEてきどん201 at 2007年08月14日 23:00
参加できなかった部分もあったので、レポート、楽しく拝見しました。お疲れ様でした。

今後、ますますのご活躍とご発展を期待しております。
Posted by めい at 2007年08月14日 23:13
主催&レポートお疲れ様でした。

 今回の課題を、次回以降どう改善されて、どう良くなるのかが非常に楽しみでもあります。

 是非またお手伝いさせて下さいませ。
Posted by まる元 at 2007年08月14日 23:31
おつかれさまでした。
すごい臨場感のあるレポートですね。
お手伝いしないのが申し訳なく思ってしまいます。
細かな改善点はありますが
特に「初心者が走りを楽しめる」点は
他に類のないスバラシイイベントだったと思います。
ありがとうございました。

P.S.
キッズルームは難しいと思います。
個人的には、「冷房の効いた部屋でDVDがかかっていて、子供の面倒は親が責任持ってみる」の環境があればウレシイです。
Posted by Delvecchio at 2007年08月14日 23:42
本当にお疲れ様でした。
本当にありがとう御座いました。
もうそれ以外の言葉が見つかりません。ありがとう!

あまりお力になれなくて申し訳御座いませんでした。

にしてもエグゼの写真スゲー(汗
Posted by よた at 2007年08月14日 23:43
ホント楽しいイベントありがとうございました。

>最終コーナーで土煙を上げていました。
>同乗していた方、驚いたでしょうね。

本文中のEXEさんの写真、同乗者ボクですw。
あの時はラインのとり方とかを教わっていたんですが、
「最終ではクリップからコース幅いっぱいまで…おっとっとっと!」
でした(汗笑)。

降車後、スタッフの方に「普段じゃ体験できない走りを体験できましたね。」と言われましたw。
Posted by はっしー at 2007年08月15日 00:27
>はっしーさん
>本文中のEXEさんの写真、同乗者ボクですw。
色々とお得な1日でしたね。
Posted by あんこ腹 at 2007年08月15日 09:34
初心者クラスで参加させてもっらた者です。
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
今後サーキットにはまりそうです。
参加者中ほぼ最年長(片淵さんの次?)と思われる中年男ですが、今後もよろしくお願いします。
Posted by リョーケン at 2007年08月15日 12:50
>>かねぴーさん

 今回はかねぴーさんは、おそらく出場できない事もあってだと
 思いますが、毎回打ち合わせに出てたくさんのアドバイスを
 いただきました。ありがとうございます。
 プリンターは私の準備不足だけです。
 気にしないでください。

>>しぇさん

 何度も言って言って〜〜(笑
 私生活のスケジュールに、どんどん組み込んでください。
 ウフフ、ウフフ・・・

>>彗星さん

 まぁ今回はさすが彗星さん、と思える内容でしたヨ。
 アンタすげぇヨ、ホント。
 まぁこんな能力者をRTEに引きずり込めて良かった(笑

>>あんこ腹さん

 写真超ありがとうございます!!
 土煙写真も使わせていただきました!!

>>みつさん

 みつさんは、これからもどんどん走行で活躍してください。
 俺の次のポジションまでは許して差し上げましょう(笑

 イベントについても、RTEならではの忌憚ないご意見を
 くださいませ!
Posted by エイトリアン at 2007年08月15日 14:47
>>re_araiさん

 ありがとうございます。
 これからもRTEは発展をし続けたいですし
 これからも活躍しますよ!
 re_araiさんも一緒に発展しましょう!

>>さわじぃさん

 オチなしでありがとうございます。
 今回はさわじぃさんと闘えませんでしたが
 3連覇はさせませんのでそのつもりで。

>>naomisan

 naomisan・・ホントにバテバテでしたもんね・・
 即効で甚平に着替えたnaomisan・・・。
 そして飼い主である奥様に強気なnaomisan・・・。

 浴衣クイーンは、次回はサンタクイーンの予定です。
 オタノシミニ・・・

>>風来坊さん

 隠れRTEとして、ホントにありがとうございます。
 前日準備も助かりました。本当に。
 大感謝です!!

>>てきどんさん

 ズッピー最高でしたよね。
 やはりズッピーは隠れMVPだと思います。
Posted by エイトリアン at 2007年08月15日 14:47
>>めいさん

 ありがとうございます。
 めいさんも、どんどん速くなってます。
 ぜひ更なるスキルアップを!

>>まる元さん

 ホントに長時間、猛暑の中ありがとうございました。
 今回の課題についても、別途メールででもいただければ
 幸いです。
 次回以降に生かしていきたいと思います。

>>Delvecchioさん

 キッズルームはまさにそういう感じで作ったのですが
 やはりもう少ししっかりとしたフォロー環境がないと
 ダメだというカンジでしたので、厳しいなぁ・・と・・。

 う〜ん・・

>>よたさん

 エクゼやりすぎなのがすんげぇ楽しいですよね(笑
 やっぱこーいう、ショップ側も楽しんでもらえてる、
 というのがすごくうれしいです。

>>はっしーさん

 おおお・・・あの時の同乗者・・そうだったんですか・・
 コース幅いっぱい・・ってコースアウトしてんじゃん!って(笑
 いやー、楽しそうでなによりでした

>>リョーケンさん

 おお、最年長自慢ですか?
 であればRTEの誇る年長者、たるみさんとぜひ勝負を:-)

 俺の20歳ほど上で、まるでお父さんです(笑

 そんなたるみさんは、パーティレースで2位にまで
 上っています。次は優勝を目指しているほどです。

 サーキット走行は年齢じゃないです。
 ぜひ今後も楽しんでください!!期待しています。
 今回は参加ありがとうございました。
Posted by エイトリアン at 2007年08月15日 14:47
どもっ!旅行に行っていたので、ちょっと出遅れてしまいました。

エイトリアンさん、ホントのホントの本当に、お疲れさまでした!

おかげさまで、最高の日々を楽しむことが出来ました!打ち合わせの日々も今となっては思い出深いですが、やはり前日の仕込み〜当日の撤収は一生の思い出になると思います。

また次回があるのであれば、また是非お手伝いさせてください!

それにしても、エイトリアンさんの企画・行動力には毎度ながら頭が下がります…これからも、よろしくお願いしますネ!!

お疲れさまでした〜!!!
Posted by yu-pa at 2007年08月16日 16:05
エイトリアンさん、ありがとうございました!

今回何もお手伝いできず、まるっきりビジターとしての参加となった上に家族の体調不良で途中退席となってしまい、申し訳ない気持ちで一杯です。

しかしながら私の参加した初心者枠も、今回はフリー走行2本があり、とても楽しめました!

TC1000は初めてで、コース図を見る限りでは狭くてタイトで難しそうな印象でしたが、走ってみたら以外と走りやすかったです。

スタッフの皆さんの運営の巧みさで、全く危険を感じることもなく楽しむことが出来ました。

次回があればお手伝いも含め、またぜひ参加させて頂きたいです。

帰りがけにあいさつがしたくてエイトリアンさんを探したんですが、あちこち飛び回っていたようで見つけられませんでした・・・

こちらの記事と彗星さんのblogを拝見してスタッフの方々の懸命な努力の上に今回のイベントの成功が成り立っていたことを実感いたしました。

本当にお疲れさまでした!
そしてありがとうございました!!!!!
Posted by DEEP at 2007年08月17日 09:59
お疲れさんでした!!

私も、翌日から九州へ行ってたので遅れてしまった・・・・・。

前日、当日の二日間厳しかったですが、楽しい時間でした。

なんと、体重が2KGも減ってましたよ(爆
メタボな方は、是非来年のスタッフに応募して下さいね・・・・ね。

冗談はさておき、
エイトリアンさん、レースに参加せずに企画・運営とお疲れさまでした。
Posted by KON at 2007年08月17日 11:52
訂正・・・・・・

体重は、2kgではなく 4kgでした。
訂正とお詫びを申し上げます。
Posted by KON at 2007年08月17日 11:53
>>yu-paさん

 旅行から無事お帰りなさいませ。
 今回は、yu-paさんからのいろいろな角度からの指摘が
 すごく参考になりました。
 特にリスク部分については、甘くみていた部分が多かったので
 かなりの危険回避につながったと思われます。

 次回・・・・?はて?(笑
 あの暑さはちょっと・・・:-)

>>DEEPさん

 あの暑さでは体調不良になるのは当然です。
 スタッフもほぼ全員、参っていましたから・・
 なので途中退席についてはあまり気にされないで
 くださいね。

 もう次からはDEEPさんも初心者枠じゃなく
 走行会枠の参加になりますよね!え?違う?
 いえいえ、よろしくお願いします。

 当日はいろいろ飛び回っていたので、遭遇できずに申し訳
 ありませんでした・・。

>>KONさん

 4kg減、すばらしい・・。
 あの日はみんな汗で水分放出だったみたいですね。

 レースに参加できないイベントはつまらないです(笑
 特にさわじぃさんが優勝しているなんて・・・
 くー。つっまんね〜〜!!(笑
Posted by エイトリアン at 2007年08月20日 10:53
> レースに参加できないイベントはつまらないです(笑

つまらないだけならいいんじゃない?
参加してたら、優勝できなくて「悔しさ」も追加ですよ(RTE
Posted by さわじぃ at 2007年08月20日 12:23
( ´_ゝ`)フーン

言ってくれるじゃないの・・・。
Posted by エイトリアン at 2007年08月20日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]