2019年08月19日

■まさかのリアロアアームポッキリ事件発生だエイト!

1252047.jpg

 今回、エンジンのOHと同時に、フロントのロアアームのピロの打ち直し、サスペンションのQuantumのOH、アライメントなどすべてをRE雨宮のナベさんに依頼してやってもらった。

 で、納車後、なんかあれ?ちょっと路面のギャップを拾いやすいカンジするな?って思った。
 OHしたばっかりなので、サスのガス圧が高いのかな?とか思って、フロントの減衰を少しゆるめたり、とかはして少し改善したが、劇的なカンジではない。なんだろう?と思いながらその日は帰宅した。

 それでもまあ普通にいい感じで走行はできるので、こんなもんなのかな?と違和感を抱きながらも走行したり慣らししたり。

 で、WTACチャレンジ応援走行会当日、朝家を出てから首都高に入り、なんかやはりリアの違和感を感じる。あれ?なんかパンクでもしてる?ってカンジで、不安にカンジ、6号の途中で路側帯に入り、エアをチェックしてみるが、全然問題ない状態。おかしい。

 そのまま走行し、常磐道に進みそして谷和原ICで降りて294を走行しているうちに、なんか違和感が大きくなる。

 水海道の天下一品前あたりから、すごく違和感どころか、ブレーキするとステアリングが大きく右に取られる様になり、ハァ?なにそれ?完全におかしいじゃん!って感じる。こkレは間違いなくパンクしてるな!と確信し、どこかでチェックしようと思うが、特にタイヤからの異音みたいのは感じられない。

 でもまぁここまでヒドいのはパンクだろうと思って、石毛の元JOMOに入り、エアをチェックするが、どのタイヤも適正空気圧。えええええ?
 じゃ、じゃあなんか根本的にトラブル??
 ヤバいこんな時期に!?

 で、筑波に向かう途中、ブレーキを強く踏んでみると、ステアリングが取られるだけじゃなく、リアタイヤからキュキュキュっとロックして音が鳴る。ABSも全然効かない。はあああ????マジやばい。

 彗星さんに速攻連絡して、もしかしてブレーキフルードの交換をした時にエアが入ったとかあるかも?とのことで、一旦TC1000ピットに入れ、エア抜きをもう一度実施。で、軽くパドックを走ってブレーキしても変わりがない。サイドブレーキを走行中に引いて離すとガココココ!と言う。完全におかしい・・。

1252046.jpg

 で、もう一度ジャッキアップして見てみると、あれ・・?なにこれ・・?
 アーム・・折れてない・・?

 そう、リアのマルチリンクのアームが1本溶接部分から破断されていた。

 こんなとこ折れんのかよ!

5D3_8005.jpg

 彗星さんが「今日・・走りたい?」と言うので「もちろん!」と。
 そしたら、彼のクルマをガレージから持ってきてくれて、その場でアームを交換してくれた!
 その作業時間、30分以内くらい。さすがやで!

5D3_7896.jpg

 で、交換してパドックを走行してみても、もちろん異音その他一切合切消えた。
 まぁアームが折れてたんだから当たり前だけど・・。

 もちろんサーキット走行でも全く問題なし。
 ここの交換だけなら、アライメントに影響もほぼなしとのこと!

 そのあとリアルテック浜ちゃんに連絡し、中古のアームを売ってもらって彗星号にも無事アームが装着され、事なきを得た。

 にしてもコレ、首都高走行中とかじゃなくてマジ良かった・・。

 皆さんもお気をつけください!

(写真:姐さん( @shoko_8love )

posted by エイトリアン at 17:52| Comment(0) | 〜RX-8エンジンOH そして伝説へ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

■[レポート] 8/12開催 エイトリアンWTACチャレンジ応援走行会

2019_0812_wtac_ouen_06.jpg


 8/12(祝)に、僭越ながら自分のチャレンジを応援する、というイベントを開催し、1台の事故もなく無事終了しました。

 この暑い時期に単に集まってもらうだけでは申し訳ないので、ものすごいゲストドライバーがいたら楽しいのでは?ということで、どうせならハイパートップドライバーを、と谷口信輝さんを講師として迎えることとしました。そもそも谷口さんに依頼できるのか、というところから不明でしたので、RE雨宮の雨さんに取り次いでもらってから、というスタートでした。

 結果として、あの多忙な谷口さんのスケジュールがたまたま空いていたため今回、講師としてお願いすることができました。

 当日のリザルトは、告知用のWebサイトに掲載してあります。
 https://rx-8wtac.wixsite.com/main/challengesoukoukai

 当日は谷口さんに、朝から32台分の車両同乗、それから座学・トークショーなど丸一日、ものすごい暑い中活躍していただいたこと、深く御礼申し上げます。また、ビデオオプションの取材もあるとのことで雨サンに来ていただいたのですが、結局半日の間ずっと谷口さんのフォローなどをしていただき、とてもありがたかったです。

2019_0812_wtac_ouen_01.jpg

 朝のビデオオプション撮影の様子。
 雨サンと谷口さんがRX-8について語っています。

2019_0812_wtac_ouen_02.jpg

 同乗の誘導を雨サン自らやっていただいています・・ありがとうございます。

2019_0812_wtac_ouen_03.jpg

 俺カー同乗の谷口さんの様子

2019_0812_wtac_ouen_05.jpg
2019_0812_wtac_ouen_04.jpg

 座学の様子。

 谷口さんの考えや走り方などの説明や、参加者からの質問に答える形で実施。

 とても濃い時間でした。

 また谷口さんのご都合が良い時に開催できればと思っております。
 ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


posted by エイトリアン at 18:13| Comment(0) | WTACチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

■21万8000キロの俺カーはだいぶガタが来ていたのでリフレッシュしまくりだエイト!

IMG_-mbsise.jpg


 俺カーも正直、かなりの過走行車。
 21万8千キロっていったいどんだけよ?

 今回オーストラリアWTACに参戦に備え、エンジンOHをやってRE雨宮に高い頻度で入庫する中で、何かと消耗品系のトラブルが出て来る様になった。

 まずピロ。3年使っているキャスターのピロにガタが出てきたので、フロントのロアアームのピロ全とっかえ。
 もちろんスーパーナウ製のおかわりだ。最強。今さんあざーす!
 ピロのガタが原因だったのだが、とにかくもう街乗りで脚からガタコトガタコト半端ねえ異音がしていてストレスだった。当然だけどコレで治った。わーい。

 あと脚。4年くらい6万キロくらいのりっぱだった。こちらもScootにOHを依頼し、3日くらいでやってもらった。すげーはえー。小関さんマジあざます!

 それと、マフラーのレイアウトを変更した。

EBcVQhJUcAE7oE1.jpeg

 こんなふうに、タイコを全部隠れる様にした。

EBcVQhJUEAI1XAX.jpeg

 変更前はこんな感じで、タイコが完全に出ていたのを上にあげてってカンジ。

 今後の計画のために、結構手を入れた。

IMG_-dw6fya.jpg

 フルチタンなカンジがとてもしゅてき❤
 あと、今回はちょっとストレートタイプにしてみた。
 サイレンサーを入れることもアリうるかな?ってのもあったが、バンパーカットにより、ドルフィンだと少しデザイン的にイマイチになっちゃうので。

EBZvhEjUYAAotNd.jpeg

 それと、WTAC参戦に必要なキルスイッチも取り付けてもらった。
 このキルスイッチがすげーテクが必要みたいで、単にバッテリーキルってんじゃなく、オルタからとかとにかくコレをOffにすれば全部電気供給が止まるってならんと意味がないので、色々手を加えてもらった。

 カナテクスの2DINのところ、なんもいれてなくてスカスカだったんだけど、ここにドライカーボンの板を貼って、そこにスイッチをインストール!やっとカナテクスを導入した甲斐もあったってもんで(笑

IMG_-l7olu4.jpg

 キルスイッチは、こんな感じで外からもワイヤーでキルできる様になっている。
 す、素晴らしい・・かっこよすぎる俺カー!!

 てなカンジで、とにかく今回、かなりの手が入っている。

 WTACもとにかくやったるでぇえ〜!!!
posted by エイトリアン at 16:57| Comment(0) | 〜RX-8エンジンOH そして伝説へ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■私エイトリアンは、オーストラリアで開催されるWTAC2019に参戦します

WTAC2019_logo.png

 blogでの報告がだいぶ遅くなり申し訳ありません。

 今年でちょうど10年目を迎える、オーストラリア Sydney Motor Sport Park(旧イースタンクリーク)で開催される、World Time Attack Challenge、通称WTACに、自身のナンバー付き愛車RX-8を輸出し、OPENクラス(Sタイヤクラス)参戦します。​

 正直、かなり頭のおかしいチャレンジだと思っていますが、ここまでやってきた集大成として、世界で自分がどの程度通用するのか?を確かめてみたい、という少しおこがましい想いと共に、どうせならちょっと前人未到、みたいなコトをやってみて、RX-8オーナーの皆さんがワクワクする様なことやってみようかな、というのが大きな理由です。

Screenshot 2019-05-23 at 16.38.58.png

 当然ものすごくお金がかかる話なので、特設サイトでサポーターを募ったりもして、少しでも現実味のある挑戦にしたいと思っています。

 またそれ以外にも、手続き関連でもものすごく調べなければならないことも多かったり、また、レギュレーションなどもレースカー的なクルマに仕上げないとダメだったりと、様々なハードルがあり、それらを一つずつ解決しながら進めています。

 今回は、もともと私にWTAC参戦について紹介してくれた、LEG Motor Sportさんと一緒に参戦となります。
 日本から2台のRX-8がオーストラリアWTACでどんな結果を出してくるのか、皆さんもぜひ楽しみにしていてください。

 このチャレンジについては、ツイッターでハッシュタグ「#エイトリアンWTACチャレンジ」でつぶやいていますので、ぜひそちらもご参照ください。
 #エイトリアンWTACチャレンジ(Twitter)

posted by エイトリアン at 16:22| Comment(0) | WTACチャレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

■エンジンOH作業順調だエイト!

2019_0623_oh01.jpg

 雨サン、鍋さんに用事もあったので、ちょっと富里での俺カー作業状況を確認しに行ってきた。

 なお俺カーは現状、当たり前だがエンジンルームは空っぽの状態・・。
 なんど見ても、なんかこういうの、寂しいよね・・。

2019_0623_oh01-3.jpg

 ちょうど今、補機類を装着しようとしている様なところで、豚の丸焼き器に装着されていた。

2019_0623_oh01-6.jpg

 新品のローターハウジング、ローター、エンジンカバー。中古は1万キロくらいのエイトの中古サイド、インタメのハウジング、エキセンあたり。
 まぁ今回はOHといっても、実はまだ俺エンジンはおろしただけで空けてない。
 雨サンが自ら別エンジンを作ってくれた、という形。しゅごい。

2019_0623_oh01-4.jpg


 シャッターバルブ。ツルツル加工済。
 シャッターバルブを持ってる手は鍋さんのおててw

2019_0623_oh01-5.jpg

 インマニ。ここも加工してある。なるほど。

 雨サンのとにかくハンパねー力作なので、すごく期待してる。

wangan4-2013-06-29T20_23_35-1.jpeg

 大田マジックだ・・

 …ただ、本当に時として…
 奇跡としか思えないコトがあるのも事実だ

 絶対に機械は機械でしかないのに
 どうしてもそれ以上に思えてしまう時がある

 奇跡はあった。本当に幾度も

 命をのせて走ってきた者なら
 誰もがそれを知っているーーーー

IMG_20150721_121532.jpg

 そしてやはりここに落ち着く。

posted by エイトリアン at 12:08| Comment(0) | 〜RX-8エンジンOH そして伝説へ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

■エイトリアン 2018年度冬季(12-3月)活動実績報告

1165516.jpg

 2019年冬季(12〜3月)の実績についてご報告致します。
 ※年度は4月-3月で設定。

 今季はラジアルタイヤでの記録を更新し、次期よりSタイヤでの記録樹立を目指すという目標を掲げており、結論として鈴鹿を除くすべてのコースで記録を更新、レコードタイムを実現いたしました。

 本活動に於いて、下記スポンサーの皆さんのご助力があってこそ、だと思っております。改めて、深く御礼申し上げます。

<スポンサー一覧>(50音順)
◆RE雨宮様
◆SPK様
◆TCR JAPAN様
◆TCL Advance様
◆NANAKOYA様
◆プレミアムジャパン様
◆プロジェクトμ様

 また、メカとして常にサポートしてくれた緑の彗星(?)さんの尽力があってこその結果達成です。ありがとうございます。

2019_0127_8cup-5.jpg

◆筑波サーキット
 ●コース2000 1分0秒964(2019/1/27)
 レポート:■[レポート] RX-8で前人未到、筑波ラジアル0秒台突入だエイト!

 自らのRX-8レコードタイム1分1秒111を更新
 使用タイヤ:ブリヂストン RE-05D
 これまでもRX-8レコードタイムを保持していましたが、今季さらにタイムを更新し、前人未到の1分0秒台を実現できました。RX-8のレネシスエンジンではSタイヤを含み、どの車両も達成していない記録であり、最速タイムとなりました。
 2番手の記録は、リアルテック社のデモカーにプロドライバーの谷川達也選手が同日同タイヤで出した1分1秒165になります。3番手はオーナーカーがSタイヤを使用して1分2秒375です。

 ●コース1000 38秒181(2019/2/24)
 レポート:■[レポート] TC1000 RX-8でラジアルレコード更新38秒181だエイトッ!

 自らのRX-8レコードタイム38秒286を更新
 使用タイヤ:ブリヂストン RE-05D
 こちらもコース2000同様、RX-8レコードタイムを保持しており、そのタイムをコンマ1更新しました。もちろんSタイヤを含むRX-8最速タイムです。
 37秒台の突入を目指しておりましたが、残念ながら到達することができませんでした。
 2番手のタイムは、オーナーカーがSタイヤによる38秒621です。

2018_0128_eightliencup01-6.jpg

◆富士スピードウェイ 1分56秒479(2018/12/21)
 報告(Twitter):https://twitter.com/eightlien/status/1076059972704727041

 自らのRX-8レコードタイム1分56秒682を更新
 使用タイヤ:ブリヂストン RE-05D
 そこそこ程度の良い中古を削っての走行です。昨年はADVAN A052 2回目という更に程度の良い中古タイヤでの走行でしたが、やはり中古とは言えさすがの05D、タイムを更新できました。ただ、55秒台に入れられず残念です。

2019_0215_okayama_rep_07.jpg

◆岡山国際サーキット 1分42秒363(2019/2/15)
 レポート:■[レポート]岡山国際サーキット RX-8ラジアルタイヤレコード奪還だエイト!1分42秒363達成!

 自身のベストタイムは、2015年に出した1分43秒845。これを更新しただけでなく、RX-8レコードタイム奪還し、自らがトップタイム保持者となりました。
 使用タイヤ:ブリヂストン RE-05D

 RX-8のレコードタイムは、広島のRX-8ショップ LEG MOTORSPORTSさん(大井貴之さんドライブ)が岡山国際サーキットのホルダーであり、ほんの数週間前に42秒台に入れ、1分42秒850でした。当初、42秒台に入れることを目標としていましたが、この結果を受けて42秒台前半に目標をスイッチしての遠征でした。遠征コースで不利ではありましたがレコードタイムを奪還することができました。

 3番手のタイムは、オーナーカーの1分43秒839であり、走行機会の少ない岡山国際サーキットでも絶対的な速さを証明できたことは非常に嬉しいです。
 
 上記達成については、いろいろな要素が積み重なっていたと思います。

 ただ一つ言えるのは、自分自身の力だけで達成できたものではなく、やはりスタートラインに立つこと、これを支援してくださった皆さんあってのことだ、と。これは教科書的な上っ面な話じゃなくて、本当にそうだと痛感しています。

 私はモータースポーツを趣味として活動をしています。でも、その趣味を長く続けるために、やはり金銭的な問題は切っても切り離せない問題です。今回のレコード達成に於いても、ものすごく費用が掛かっています。それらをご協賛いただいている企業様にサポートしていただくことで、走ること・闘い続けることができています。

 サポートいただいている方々にお返しできるものは多くないかもですが、自分が結果を出せているのはこれら企業の商品を使っている、というのは紛れもない事実で、結果を出すための一つのリファレンスモデルを作っていると自負しています。

 私はこういった流れを、今後同じ様にサーキット走行を楽しむ皆さんにうまく道筋として残していくのも自分の責務だと考えています。

 今後もRX-8、チューニング業界、そしてモータースポーツ界の発展に、少しでも自分が貢献できるように邁進していく所存です。皆さんのこれからのご支援・応援をよろしくお願いいたします。

posted by エイトリアン at 12:15| Comment(0) | 活動実績報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

■現在、エンジンOHのためにRE雨宮に俺カー入庫中です。

2019_0526_amemiyaoh.jpg

 榛名セブンデイに出展したあと、RE雨宮にエンジンOHのために入院です。
 現在 215,200kmくらい

 あれ?こないだOHしてなかった?

 はい、昨年の11月にOHして納車されました。
 ■3回目のエンジンOHを実施だエイト!(2018/11/8)

 それなのにまた?

 ーーーええ、また

 203,893km納車。1万キロちょい・・。痛い・・。

 2016年の2回目のエンジンOHの時、サイドハウジングなどは全然調子良い状態だってことでそのまま使った。ローターハウジングのみ新品だったかな。

 で、エキセンが折れた3回目のエンジンOHは、また非常にエンジンの状態が良い、でももうさすがに限界が近いので、あんまり長くは持たないかも、という様な感じでエキセンを除くすべてのパーツを流用してOHを実施した。短命なのはある程度理解していたが、まさか半年でOHとはちょっと俺的にも予想外だった。

 というのも、2月の岡山レコード更新のあと、マシンの状態にあれ?と思うところがいくつかあったからだ。
 2/24のAttack筑波、3月中旬のTC2000ファミラで最高速があれ?って状態。
 3月末のAttackSUGO、ここが決定的だった。この走りでこのタイム?と。

 そして雨宮に持っていった。
 どうも最高速、トップエンドが遅い様に感じる。パワーチェックなど、全体を見てほしい、と。

2019_0526_amemiyaoh02.jpg

 そしたら、昨年12月にベンチで計測し、278psだった俺のエンジンが、240ps程度まで落ちていた。
 堀さんがもしかしたらECUのプログラミングなどで改善できるかも?とチャレンジして少しはマシになったが、それでも250ps程度。

 これじゃあもう話になんねーなって状態だったが、エイトリアンカップSUGOを走行。でもやっぱり最高速はメタメタ。
 これで決意した。

 すでにオーストラリアに行く方向では考えていたので、こんな状態でオーストラリアWTAC参戦したって全く意味がない。今度は新品をちゃんと使ってOHしよう、ということで入庫となった。

 少しお金はかかってしまうが、ここは踏ん張りどころだろう。

 いつもの通り、雨宮には「300馬力でお願いします」と伝えているが、一度も300馬力を出してくれたことはない(笑

posted by エイトリアン at 22:32| Comment(0) | 〜RX-8エンジンOH そして伝説へ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする