2018年12月19日

■エイトリアン推奨オフィシャルタイヤウォーマーだエイト!

2016_1224_zummy02.jpg


 俺が使ってるタイヤウォーマーは、オートクラフト京都のタイヤウォーマー。
 2014年から使っているが、全然トラブルもなくずっと使えていてとても良い。

Screenshot 2018-12-19 at 10.27.08.png

 ただ・・2014年頃は159,840円だったけど、今は192,240円まで値上げになってる。為替などの影響かも。
 コレで4本セットの価格なので、それでも高級品よりは安い。
 商品リンク:http://www.auto-craft.net/shop/products/detail.php?product_id=306

 タイヤウォーマー、タイヤを温めるためという理解をしている人もいると思うが、もちろんそれもあるけど、一番大切なのは、自分が狙った空気圧に走行時点で持っていける、という点なのだ。筑波サーキットの様な短いコースでは特に、冬のキンキン冷えた気温・路面の中、アウトラップでタイヤを温めきるのはほぼ不可能。となると、アウトラップ2周目にベスト空気圧を持っていけない。となると3周目にアタックとかせざるを得ない。

 なので、ウォーマーだ。

 もちろんウォーマーから外し、ピットロードに少し並んだだけでタイヤは冷えるので空気圧などは落ちる。でも、一度温まったタイヤはまた温まり易いし、むしろブレーキ等を温めてホイール中から温度を上げようとした場合、少し落ちているほうが良い。

 で、アウトラップ2周目にベストを持ってこれる、というのが一番の目的。

 RE-05Dなんかは作動温度が40度弱くらいなので、ロングコースなんかだと使わなくても良い、という場合もなくはないけど、それでもウォーマーがあったほうがマネジメントしやすい。

 そんな理由で自分はタイヤウォーマーを必須として使っている。

 オフィシャルウォーマーと高級品との違いは、熱線かそうでないか、等だけど、俺自身は別にコレで不満がない。良いのを知れば別かもしれないけど、上記目的を実現するのにコストは低い方が良いのでおかわりが必要になってもコレを買うかな。


 エイトリアンカップ参加者への少しだけお得なプライスもあるので、タイヤウォーマー、必要な方はご連絡ください。
 ご紹介致します。

posted by エイトリアン at 10:31| Comment(2) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

■慣らし完了とパワーチェックだエイト!

20181120191400731.jpg

おや。278PSって、ちょっと奥さん、ハンパないんじゃありませんってこと?

まぁいつものEE雨宮の甘いベンチなので係数掛けたあとはさておき、素でも235PSってすごくなーい?いいねー。

ちなみに前にやったときは271PS。8馬力もあがってるるるー!

コレはRX-8で筑波分切り来たかコレw

posted by エイトリアン at 19:15| Comment(5) | 〜RX-8エンジンOH そして伝説へ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

■3回目のエンジンOHを実施だエイト!

20181108081131526.jpg

9月のエイトリアンカップ富士直前でエキセントリックシャフトにクラックが判明し、エンジンOHを余儀なくされた俺カー、無理やり作業を押し込んでもらって昨日納車された。

20181108081355025.jpg

しどい…(T_T)

20181108081520417.jpg

距離は203,983kmでOH。も、もうどこに出しても恥ずかしくない過走行車両だナ…。

20181108081706202.jpg

ということで、納車直後からいきなり慣らし走行実施。平日の夜なのに(笑

ちなみに今回交換したのは、エキセントリックシャフトのみ。ハウジングすべて、ローターは流用なので、アペックスシールの当たり付けとマイナートラブルチェックのための走行が主体。

なので、距離も1,000kmくらいで概ね問題なさそう。あんま焦ってやらない方がいい、ということなので、ゆっくり確実に慣らし走行実施をするつもり。

シュットコメインになると思うので、出会っても煽らないでください(笑

posted by エイトリアン at 08:21| Comment(4) | 〜RX-8エンジンOH そして伝説へ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

■ブレーキリアパッド交換で超楽ちんツールを体感して大満足だエイト!!



 RX-8のリアのブレーキパッド交換って、OHしてないとだんだんピストン戻りが渋くなって、すんげぇチカラいれねーと戻んなくなるよね。
 そーなるといつもヒーヒーイイながら交換しないとならねー。俺もOHしてからだいぶ経過して、最近少しチカラが必要になってる感があったので、ちとこのツールを購入した。

 筑波でトストイおぢさんが持っているのをみて、こーいうのが欲しかったんだよ〜って思った。なんとアストロプロダクツで4,100円くらいで売ってるってわかって、そんなんなら速攻買っちまおうってコトで購入。


2018_0916_bpadtool01.jpg

 こんな風に、フロントのピストン戻しみたいにキャリパーの反対側に抑えがあって、ねじ切ったボルトで押し込んでいくのでチカラが少なくて済むんだべ。ええわええわ。

2018_0916_bpadtool04.jpg

 こんなセットになってるけど、RX-8のリアだと7番を使うと良い感じ。

2018_0916_bpadtool02.jpg

 ということで、いつものHC+を投入して交換し、大満足。

 コレでリアパッドでヒーヒー言うコトはなくなってウキウキウォッチング(おっさん


posted by エイトリアン at 13:04| Comment(0) | メンテの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

■JZX100マーク2でTC1000グリップ本気アタックだマクツーッ!

2018_0908_tc1000_mk2_01.jpg

 ちょっと筑波のよしずガレージに行く予定があった。
 ガレージに、サントリーのノベルティの立て看板とかを設置したい・・そんな目的なのだが(笑、ガレージに置いてある中古のRE-05Dを、275の71Rを履いているホイールに履かせたいのでタイヤ交換したいな、とか・・。

 が、そのためだけに筑波まで行くのは遠いしガス・高速代もちょっと。
 で、どうせならファミラとかの走行がある日、と思ったが、こんな暑い時期に記録狙いのために行くのも無駄。でも今ところRX-8でミニコースで解決すべき課題もちょっと見当たらない。う〜んどうしよう、と思っていたところ、あれ?マクトゥリアンで走ってみるのどう?どうせ今フロントに245の71Rだし、交換予定の275の71Rをリアに履いたらそこそこイケるんじゃね?

 ってコトで、本気でJZX100マーク2でのTC1000タイムアタックとなったというワケだ。
 ま、暑い時期だから参考程度にしかならんけどね。

2018_0908_tc1000_mk2_02.jpg

 タイヤはこんな感じ。9.5J+40のTE37+275/35R18のRE-71Rがすっぽりリアに収まる。JZX100も結構イケてるよね、こーいうところ。
 なお、タイヤは以前にフロントに履いていて程度が悪くなった2本を利用。
 リアにRX-8で使っていた方は、次に譲る人のために溝を残しておきたかったので。

2018_0908_tc1000_mk2_11.jpg
2018_0908_tc1000_mk2_10.jpg

 ついでに昨日届いた、Campark社のACT76というGoPro風カメラのテストも実施。
 amazonで6980円。やっし〜〜。
 吸盤でリアガラスに固定。当然カメラは逆さまになるが、このカメラ、画面上下反転の機能もあるのでそのモードで撮影したら、全く問題なかった。素晴らしい。

2018_0908_tc1000_mk2_08.jpg
2018_0908_tc1000_mk2_09.jpg


 画面キャプチャ2つ。
 1つは電光掲示板、もう一つはkero号おっかけ。

 どちらも文字の認識っていう面だとちとキツいかな。室内の画質感はわるくないんだけど、やはり解像度って面だと「それなり」って感じかな。音割れは結構激しくて、テープかなんか貼ることで回避できないかテストしたいところ。

 でも全体としてこのカメラはすげえ気に入っている。
 無線LAN対応で、リモコン付き。スマホももちろん対応で画角確認できるし、液晶付きなので撮影画像の確認がすぐできるのも良い。タイムスタンプも記録されるのも良い(設定でon/off可能)。マイクロUSBで給電、給電中の撮影も可。

 一番試したかった露出補正モードは、-3で路面白飛びなしでサイコー。コレなら完璧問題なしだぜ!

 スマホ給電でACC onで撮影開始モードにもできるし、5分単位でのループ撮影(SDカードの残りが切れたら古いのから消していく)も可能。

 ま〜〜ったく問題なし!

 ただ、ただ、だ。撮影時のLEDがバックミラーで見えなくて撮影中か否かわからず不安。コレはなんとかしてほしかった。
 今撮影してっかどーかわかんねーんだよ。
 コレがわかりづれーの以外は、俺の望みほぼ完璧に実装。

 メインカメラでどうか?というとキツいが、サブで撮影漏れ回避用なら超アリアリ。

2018_0908_tc1000_mk2_12.jpg

 で、肝心のアタックの方は、残念ながら42秒190と、41秒台に入らず。
 ていうか2コーナーからヘアピンに掛けて、アクセルを入れていくとケツが出ていくのよね・・。
 すぐパワードリフトモードに移行しちゃう。275の71Rでエアもちゃんと2.2くらいなのに。

 なので、ブーストが0.2〜3とかそんくらいの感覚で2コーナーを抜けないとならないのでおっそい。微妙。

 キャンバー、特にリアが粘らない方向にしているとはいえ、もちっとなんとかなると思ってた(笑

 ヘアピンとかの立ち上がりで踏むとパワードリフトになっちまうし、んモウッ!!!て感じでストレスの貯まる走行。やっぱりエイトって素晴らしいクルマだよね。とにかく向き変わったら全開だぜ〜!!!とかアクセルベタ踏みでそれにちゃんと応えてくれるしさ。

 あと、マーク2、ブレーキパッドもB Specってところで、連続周回ちとキツいね。熱が入ってくると最後はややフェード気味。耐熱500度ってところだから、サーキットのグリップ走行での連続周回には向いてない←当たり前

2018_0908_tc1000_mk2_03.jpg

 走り終わったあと、遊びに来てたR大佐と走りに来たkeroちんと一緒にソウルフードw を食らってまったり。
 なんか今日、熱中症なのかなんなのか、やっぱり走行後は調子がイマイチだった。
 朝からちょっとイマイチだったので、少し夏バテ気味だったのかも。

2018_0908_tc1000_mk2_04.jpg
2018_0908_tc1000_mk2_05.jpg

 その後タイヤ交換を実施。
 出張タイヤ屋さん、いつもありがとごぜま〜〜っす!

2018_0908_tc1000_mk2_06.jpg

 そしてガレージを見事海の家風に仕上げてみたぜ!
 だんだんと何を目指しているのかわからない風になってきてはいるが、でも、目指しているのはこういう海の家みたいな、まったりできる様な空間なので、アリだべ?な?

2018_0908_tc1000_mk2_07.jpg

 プレモルの立て看板とか見てたらプレモル飲みたくなったので、帰りにコンビニで買って飲んでしまった(笑
 販促グッズの効果、いきなりあったな(笑

 そんな一日だマクツーッ!!!


posted by エイトリアン at 07:27| Comment(0) | JZX100物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

鈴鹿サーキット攻略メモ2018

2018_0822_suzuka_capture.jpg

自分で忘れないようにメモを残しておく様にしたい。

■1コーナー・2コーナー
 俺はこの2つのコーナーを連続したコーナーとして捉えていて、5速から4速には落とさないで5速のまま1コーナーをクリア。減速し、3速に落として2コーナーに早めに向きを変えてアプローチ。1コーナーは一番外までは膨らまない。

■3コーナー(S字@)
 2コーナーで外の縁石を使いながらすぐ右に寄って、3コーナーにアプローチ。イン側(左側)の縁石に乗るくらいのところまでブレーキをちょい我慢し、ブレーキも弱めに掛ける。アクセルオフだと次のS字Aで苦しいのでここはブレーキ要。

■4コーナー(S字A)
 ここはアクセルオフでターンイン。
 RX-8なら余裕で曲がれる。が、あまり勢いよく飛び込むと次のS字Bでインからアプローチになりキツいので、ほどほどに。S字はリズムよくチョイチョイチョイッと登っていかないとダメなので、無断な減速は極力しない。

■5コーナー(S字B)
 結構ココがキモだナ。まだうまく走れた試しがない。
 今はアクセルオフで入り、イン側の縁石を結構な時間ナメている。なのでアクセルのオンオフ結構多い。コントロールしながら次のダンロップに向けて大外から入れる様に右により、ここだ!ってところから一気にアクセルフルオープンにする。

■ダンロップ(左コーナー)
 RX-8だと立ち上がりがキマればアクセル全開でイケる。
 ピットロードへのショートカットロードが見えるあたりから左側のインに寄る。
 4速に上げる時は丁寧に。ココでのシフトミスはGがかなり乗っていて、4速ではなく2速に入るなんてこともありうるので要注意。

 3速で引っ張って、まっすぐになりかけた時に4速に上げるとか良いかも。

■デグナー@
 我慢しない。コレ重要。
 前は結構我慢して怖い思いしながらコーナーをクリアしてたけど、無意味だった。
 ラップタイムupには、早めのソッとブレーキで3速に落として向きを変えて、縁石に触れる時には完全にアクセルを全開になってる様なイメージで立ち上がると、安全だし速い!おすすめ!

■デグナーA
 3速のままクリアするコーナー。
 ブレーキミスするとイン側のクリップから外れるが、あまり減速しすぎても遅くなるのでめんどくさい(笑

 外側の縁石使うくらいが良い立ち上がりだけど、危ないしここ無理してもあんま意味ないのでほどほどに。

■ヘアピン
 ヘアピンに向かう途中で3速から4速に上げるのだけど、4速に上げるのがどこらへんか?で速度の乗りとかそれまでの走行の成功度合いを測ることができる。
 速く走れていると、右側にある縁石の手前で4速に上げられる。

 ヘアピンのブレーキングは鈴鹿では珍しいドッカンブレーキポイント。もちろん2速。
 イン側にカントついてるので、それに乗れば結構いい感じ。あまり筑波風に斜めアプローチのイン側に早く付く、ってのはしなくてもいいかも。

 アプローチによってステアリングの舵角が全然違ってくる面白いコーナー。

■200R(スプーン前の通称まっちゃん)
 2から3速に上げて走行はいいが、3速から4速はちゃんと車速がノッてるか確認する。
 ここはエイトだとちょうど3速9000〜9500rpmあたりで山の頂点にいる様なイメージになるので、加速を抜きたくないので少し回転警告音が鳴っている状態でもシフトは変えないで走行している。

■スプーン@
 右側に緑の縁石あたりでブレーキング&4⇒3速のシフトダウンでイン側の縁石にアプローチ。
 縁石超えたらアクセルonでさらに加速。
 そんでまたブレーキ。

■スプーンA
 ここはまだ良くわからない。
 大外まではらまない方が良いと思っていたらそうでもないっぽいし、微妙。
 でも、イン側縁石は少し長めにナメているイメージ。
 アウト側の縁石のスタートあたりを目標にアクセル全開!

■裏ストレート
 まあココは根性でアクセルベタ踏みなだけだわ(笑

■130R
 色々悩んでたんだけど、ココは頑張ってもしょうがないが、ちゃんと速い速度で曲がらないとタイム出ないので、練習で根性入れて色々試した。

 結論として、メーター読みなら190km/h overで曲がれる感じ。つまり、ほとんどブレーキしないで実は曲がれる。5速から4速には落としていない。5速のまま飛び込み。
 速度落としすぎると5速で全く加速しなくなっちゃうので、高いエンジン回転数は維持したい。
■シケイン
 ADVAN看板手前、100m看板あたりでフルブレーキング。
 シケイン、結構タイムアップに大きな影響らしいが、まだ俺はよくわからない・・。
 1個目の縁石は可能な限りショートカットしたいが、その後2個目がバタつくので微妙。

 まぁそれなりに・・・

 という感じ。
 参考にしてください。

2017_1228_suzuka01-5.jpg


posted by エイトリアン at 10:37| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

■8/25(土)はファミラから練馬にあるBAR11の5周年記念パーリィに行く予定でげす

2018_0820_bar11.jpg

 ぴあさんが経営している練馬のBAR11、5周年記念パーティが行われるということで、ちょっと顔出しに行ってみようかと思います。
 M(マネッコ)大佐、いや、R大佐が参加するということだったので、タイムアタック談義でもしましょう。

 にしても朝は筑波で夜は練馬って、マジ出歩きすぎだなw

2018_0820_bar11_02.jpg

 地下鉄成増駅からちょいって感じ。

 BAR11のWebページはこちら

posted by エイトリアン at 23:25| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする