2018_0924_8cup_fuji_1st_banner.gif

2018年02月06日

■思いつきて若手優遇走行会なるものを企画してみた

2018_0206_wakate.jpg

 ある若手エイト乗り2名がサーキットバトルをしたい、というのを発端に、じゃあ見届人みたいな感じで俺が場を用意するよって話になった。

 ライセンス走行とかそういうのあってもいいかなと思ったケド、近場で良いところがない。

 だったら平日でいいならTC1000あたり貸し切っちゃえばいいじゃん、値段も安いのでまぁ15〜6台集めればいい感じで、みたいなノリで。

 平日だし、15000円くらいならいいかな〜と思ったケド、どうせ若手2名のバトルの場だってんなら、もう少し若手の人がいた方が楽しそうじゃんって思い、以下のコンセプトとすることにした。

 (1)バトルする2名の若手ドライバーは無料招待!タダ!(おもしろいし)
 (2)その他、10代〜20代のドライバーは12,000円でOK!
 (3)一般ドライバー(おっさんお兄さん枠)は普通価格
 (4)場所は安く抑えるため平日のAMのTC1000

 まぁ1枠10台上限でAMで3回くらい走行できるくらいがちょうどいい感じかな〜、若手っつったってそんなに多くねーだろうし、MAX30台集めるとして、12〜3台が若手、残りは一般枠の人たちをどうあつめようかな〜赤字にならないといいな〜くらいで考えていた。

 ところが蓋を開いてみたところ、若手枠は25台も一般枠5台分も2日で満員御礼状態に。で、若手数名の方から「空きが出るなら申し込みます」という様な感じで、下手すると30台若手全員になるかもくらいのイキオイ。

 ええええッ!?ちょ、どうしたのなにそれ?って気分。
 こんなに走りたいって思ってる若手オーナーがいたなんて、正直驚きでしかない。普段のサーキット走行会、エイトリアンカップでは若手が増えてきた、といってもやはり大多数はおっs・・お兄さんたちが多い。他の走行会だって似たようなモノ。

 そんな中、一つの走行会に25名以上の10台20台の参加者がいるなんて、大学の自動車部主催の走行会じゃないんだからって感じ。びっくりでやんす。

2018_0206_graph.jpg

 参加者の分布を調べたらこんな感じ。

19歳,1人
20歳,6人
21歳,4人
22歳,5人
23歳,4人
24歳,2人
26歳,2人
27歳,2人

 ん〜、ハタチがこんなにも・・。

 やっぱ色々やってみねーとわかんねーもんだナ。若者はクルマ、ましてやサーキットなんかに興味がなくて、あってもドレスアップだけ。あとはスマホなど他に使い道ができていて趣味の多様化が進んでいる、とか訳知り顔でつい俺も言っちゃうよね。実際、エイトリアンカップに参加してくる様な若手って、だいぶおかしな(笑 人たちが多いから、彼らは特別なんだろうナって思ってた。

 だけど今回、今まで感じていた価値観の様なモノが間違っていたことを痛感させられた。何知った風なクチ利いてたんだよ、俺は今まで・・って。

 今回の若手優遇走行会がたまたまタイミングとかが良く、たまたま集まっただけかもしれない。
 でもこの経験は非常に自分にとって衝撃的で、すごく勉強になる良い機会だった。

 バトルをしようとしてくれた2人の若手、それに参加してくれる若手の人たち、ボランティアスタッフやるよと言ってくれた人たち、おっs、お兄さん枠でエントリーしたけど若者に自分の枠を譲るよといってくれた人たち、みんなに感謝したい。感謝とかいうと上っ面っぽいけど、本気でありがたい。

 面白いコトって、身近にあるナ、そう感じる良い体験だった。

 イベント自体もみんなが楽しく参加できる様にしたい。

第一回 若手優遇走行会 in 筑波サーキットコース1000 イベント告知・申し込みページ

posted by エイトリアン at 18:53| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

■1年前のあのクラッシュからのリベンジを果たしたエイト!エイトリアンカップ2018Spring(1/28)で1分1秒111達成!

2018_0128_eightliencup01.jpg

 とうとうRX-8のレコードを更新し、筑波サーキットコース2000のRX-8最速である 1分1秒111のタイムを出すことができた。

2018_0128_eightliencup01-9.JPG
2018_0128_eightliencup01-10.JPG
2018_0128_eightliencup01-7.jpg

 ちょうど1年前、昨年のエイトリアンカップに於いて、俺は筑波サーキットコース2000の最終コーナーでスピンし、コンクリートウォールに激突するというクラッシュを起こしてしまった。

 あの時、すぐのリベンジを固く誓ったが、結局そのシーズンは再走行することはままならず、TC2000のベストを更新したのは2017年の12月のエイトリアンカップで、だった。ただ更新とは言っても、コンマゼロ数秒程度の内容であり、レコードの更新もできていなかった。

 2017年中にとりあえずベストを更新できたことは嬉しかったが、やはり俺の目標はレコード更新でもあるし、やはり0秒台を目標にしていたかった。

 そして迎えた1/28。
 用意したタイヤは、RE-05D新品。4本で20万円弱する、すごーく高いタイヤ・・。

2018_0128_eightliencup01-8.jpg

 懸念事項は残雪状況だった。
 月曜日に降った雪がコースにも残っていて、金曜日の時点ではランオフエリアの雪はまだまだ残っていた状態であり、仮にコースアウトをしないのが普通だとしても、視界に雪が入ってくれば当然精神面でのブレーキが掛かる。 そうなってほしくないと願っていたのだが、筑波サーキットスタッフの尽力により殆どの雪がなくなっていた。

 これはいくしかない。

2018_0128_eightliencup01-4.jpg

 当日の朝の気温はマイナス7〜8℃。寒すぎて手が痛いくらい。

 除雪した後だから少し路面がダスティーかも?という話もあったが、ここで行かなければいついくんだ?と奮起しアタックすることに。

 タイヤは35℃50分程度の温め、エア圧1.6。

2018_0128_eightliencup01-5.JPG

 彗星さんにタイヤサポートをお願いし、直前まで温めたタイヤに交換しコースイン。

 1コーナーを少しラフに旋回するとケツが出るくらい。なので温めすぎの状態には絶対になっていない。

 そして最終コーナーを立ち上がり、アタックラップ開始。1コーナーで緩いオーバーステアが出ており、まだ温まりが微妙かと判断。が後半に帳尻を合わせれば良いと考えアタック継続。ダンロップもいまいちな感じで1周目は1秒6と新品マジックが全然ない状態。

2018_0128_eightliencup01-6.jpg

 そして2周目継続。1コーナーがバッチリキマる。1ヘアも理想的。しかしダンロップで若干オーバースピード気味でツッコみ、なんとかごまかして2ヘア。2ヘアも理想通り。最終コーナーはややアンダーが出掛かったのでアクセルでコントロールしコントロールラインを通過。1秒1の文字が見える。0秒台は入らなかったか・・・。

 でも1秒1が出た。やったぞ!
 パドックにそのまま戻り、周りのみんなが1秒111だったことを伝えてくれる。よし!公式の結果も間違いない!

2018_0128_eightliencup01-11.jpg

 電光掲示板に刻まれる、俺のトップタイム1分1秒111。
 間違いない。

 とうとうココまで来た。

 筑波サーキットコース2000 1分1秒111
 タイヤ問わずRX-8最速のタイム。

 セクタータイムは以下の結果。

 [Sec1]24.961 [Sec2]25.298 [Sec3]10.852 [TopSP]170.052 = 1'01''111

 RX-8でセクター1が24秒台って驚異的。これまで誰もいないタイムだと思われる。谷川さんのセクター1がすごく速く、それに追いつくためにとにかく1コーナーの走りを研究してきたが、やっと良い結果が出せる様になった。ここは感激。

 仮にこの日のベストを組み合わせると・・。

 [Sec1]24.961 [Sec2]25.298 [Sec3]10.757 = 1'01''016

 お、おおぅ・・・コンマ02速かったら0秒台!?

 昨年zummyで1秒6を出した時のセクター3を組み合わせると・・

 [Sec1]24.961 [Sec2]25.298 [Sec3]10.733 = 1'00''992

 お、おおおおおおお出ちゃってた?まぁタラレバの話してもしゃーねーんだけど。
 つまり、ラジアルで0秒台もイケるってことがわかる。
 ホントはこの先、ラジアルでのTC2000は一旦終了し、Sタイヤで、と考えていたのだが、もうワンチャンだけラジアルアタック、考えるかも知れない。何とも言えないけれど。

 しかし、今回のこのタイムで、リアルテック+谷川達也選手が持っていたRX-8のラジアルレコードである1分1秒527のタイムをコンマ4更新し、1分1秒111を刻むことができた。1年後しのRX-8最速の座を獲得できた。

 ココまで来るのには本当に長く、そして色々な人にサポートされてきた。

 特に今回は、毎回サポートしてくれているのにちゃんとした結果を返せずに申し訳ないと思っていた彗星さんに、見事今回、やっとこさ結果を返せたことが嬉しい。!ホントにホントに、ありがとう!
 いつもいつも不甲斐ない結果だったのが本当に悔しかったので、やっとこさ・・・だよ・・。

2018_0128_eightliencup01-2.jpg

 でもまだ終わってない。
 これから先もまた、長い道のりになるだろう。終わりは見えない。

 まだまだ頼む、よ!

 最後に、エイトリアンカップサイコー!!!

(写真)えづにゃんパパ、shin132さん、ぱろでぃさん

posted by エイトリアン at 01:12| Comment(2) | RE-05D レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

■なんだろうこの黒い物体は(もう新鮮味がないタイトル

20180125102659112.jpg

 なんだろうこの黒光りして高そうなアイテムは(笑

 ってもういいよね、こーいうくだり。いちいちうるせーなってわかってますよ(笑

 そろそろもう、RE-05D新品を買い続ける生活から抜け出したい:-)
 でもやっぱり新品のスーパーグリップ、ホントにマジックなんだよ。コレはもうほかには変えがたい。

 で、これをTWSの10.5Jのホイールに組み込んである。
 やや引っ張りだけど、この方が高速コーナーで生きてくると判断。

 エアは温間1.5〜6を目指して低温で温め予定。

20180125102709609.jpg

 受け取ってからあれ?って感覚があった。なんかヌメッとした光沢がタイヤ表面にあるのを感じたからだ。今までこんなんだったっけ?と。

 製造シリアルが17年49週なので新しいからなのかも知れないが、なんかそういう不安に思ったことはなんでも対策を取っておきたいので、とりあえずブレーキクリーナーで表面を軽く掃除。A050 GS時代は良くこーいうコトもやってたよナ。なんか懐かしい。まぁまたすぐに戻るつもりだけど。

 今週末1/28(日)は、ここ数年で俺がやってきたこと全てを投入したい。
 いつか振り返った時、あれやっておけばよかった、みたいに後悔しないためにも。


posted by エイトリアン at 10:27| Comment(0) | RE-05D レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

■セントラルサーキット CTACに参加してきたエイト!

2018_0121_central01-4.jpg

 兵庫県にあるセントラルサーキットにて開催された、セントラルタイムアタックチャレンジ(CTAC)に参加してきた。

 1/20土曜日に筑波2000、1/21日曜日にセントラル、という強行スケジュールだとかなりきつめなので、M崎ちゃんのサポートを受け、積載車での参加とした。マジ助かった。

2018_0121_central01.jpg

 今回の走行枠は3本。15分×2と、スーパーラップ。
 セントラルサーキットは、昨年10月に一度走ったっきりなので、朝イチの枠から全開!なんてとてもできそうにないので、最初は思い出し走行を実施。

 なお、タイヤはA052中古を練習用とし、zummyで2周だけ走った程度の良い削り中古のRE-05D。
 結論から言うと、A052中古の程度もだいぶやれてきてたからか、なんかいまいち俺の走行がしっくりこなかったので、最後のスーパーラップに投入しようと思っていたRE-05Dを2本目走行から使うコトにした。

 変なオーバーステアがやはりこのコースだと発生するので、車高フロント4.5mm上げるのと、減衰を1+1/4まで緩めたセッティングで走行する。

P_20180121_125528.jpg

 で、アウトラップ2周目に1分27秒101を出して目標の27秒台は一旦クリア。
 1コーナーの走りでアンダーを出してしまってタイムロス。その他のまだイマイチ感のある感じで、限界まで攻めきれてない。が、タイヤはもう2周保たないので終了w

 3ヒート目のスーパーラップでも27秒3を出したが26秒台に更新できず。しかもスーパーラップ、2周だと思ってたら3周あったらしく、後ろを走っていたオーバードライブ武地さんの走りを邪魔してしまった・・マジですみません・・本気で勘違いしていて、完全に1コーナーでロスさせてしまった・・すみませんすみません・・。現場でも平謝り・・。

2018_0121_central01-2.jpg

 なお、セントラルもタイヤカスウンコのつき方半端ねえ。
 なにこれってくらいすごく、マルチツール大活躍!

 2ヒート目と3ヒート目の間でタイヤをM崎ちゃんに削ってもらっていたが、マジすげぇ量。
 やっぱRE-05Dはこーいうウンコのハンパねえ付き方、ちょっとキツいな。

 にしてもCTAC、初めて参加させてもらったが、かなりアットホームで楽しげなイベント。

2018_0121_central01-3.jpg

 なぜか参加者にはカレーが無料が振る舞われたり

P_20180121_115303.jpg

 ちょっと怖い鮫、なアニキと絡んだりw

 名神タイヤの宗藤アニキに誘われての参加で、最初は「セントラル?遠いし岡国の方がいいんだけど」と思ってたんだけど、ちょっとその考えを改める感じになった。セントラルもコレはイイ。確かにエスケープ少ないし、事故るとマジ危険。

 だけどガチで奥が深くてすげぇテクニカル。簡単にタイムが出ない。もっと近くにあったらもっと通いたい。関西圏の人はココで腕磨けばすげぇ楽しくなりそうなので羨ましい!

 で、帰りはまたM崎ちゃんとローダーで帰宅。
 結局今回俺、一度もローダー運転しなかった。

 マジありがとう!お疲れ様!

 セントラル&宗藤アニキ、待ってろヨ。次は負かしてやる!!!

posted by エイトリアン at 18:01| Comment(0) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ZummyRacingでRE-05D中古削りでアタックを敢行してきた、がベスト更新ならず

2018_0120_zummy.jpg

 来週のエイトリアンカップに向けて、どうしてもレコードは先に更新してイメージを掴んでおきたかったので、RE-05Dのかなり程度の良い中古を削り、ウォーマーを掛けてスーパーラップで走行、というのを考えていた。

 なお、この日の走行予定はもう少し枠として用意はされていたが、基本、2周スーパーラップのみで終わらせる予定で、その走行のためだけに、早朝から彗星さんにサポートをしてもらうコトに。ああ・・ありがたい。

2018_0120_zummy-3.jpg

 この日のコンディションは良さげに見えた。
 ポエムも快調だった!

2018_0120_zummy-4.jpg

 が、結果的には路面のあと一歩のグリップが足りない感じで、結果的には1分1秒874としょっぱめなタイムで終了。正直、もう1秒台を出すことだけで嬉しさがなくなってる、というのが恐ろしいのだが、それがタイムアタックの世界なので仕方がない。

 にしても、セクター1が遅い。どうも1コーナーで良い食いつきがなかったんだよナ。ココがでかい。
 あと最終コーナーも少し弱め。全体的にコンマ2〜3遅い。コレじゃ駄目だわ。
 にしても、0秒台やっぱ遠いなぁ・・・。
 来週は新品ぶち込んでなんとか0秒台入れたい!!いや、入れるぞ!!

 彗星さん、せっかくサポートしてくれたのに結果出せずにごめんなさい。
 エイトリアンカップでは絶対結果出してやるから、待ってて。


posted by エイトリアン at 17:10| Comment(0) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

■ドライカーボンのアンダーパネルも補修できるんだッ!

2017_0115_underpanel.jpg

 ネットで調べても、ドライカーボンの補修ってネタがほとんどなくてよくわからん。
 で、エポキシ樹脂使うと固めるコトはできるっぽいのだが、どういう仕上がりなのか?とかさっぱりわからんちんだった。

 今回、箱根での事故をベースにアンパネの補修が必要だった。最終的にはアンパネを買い換える予定だが、とにかく速攻補修しないと走行できないので簡易的に補修してもらうコトに。

 2017_0107_fukkatsu05.jpg
2017_0107_fukkatsu02.jpg

 今回の事故の場合、こんな風に中のハニカムはグズグズだが、両面のカーボンは生きていた状態なので、中にエポキシ樹脂を流し込むって作業をしてもらった感じ。で、最終的に削って整形、って。

 強度もバリ出てるし、ふつーの使い方ならこのまま使ってもなんら問題なさそう。
 買い替えた時、この残ったアンパネ中古で売りに出す予定なので、欲しい方はご連絡を。

posted by エイトリアン at 22:27| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ブリヂストンの2018年本気ハイグリップラジアルタイヤ RE-12D!vs ヨコハマA052が超気になるエイトッ!in東京オートサロン2018

2018_0115_autosalon_12D_001.jpg

 毎年恒例、東京オートサロン2018でタイヤメーカーにヒアリング!を実施してきたエイト。
 今年の目玉は何と言っても、ブリヂストンが満を持して3月にリリースする、スーパーハイグリップラジアルタイヤ RE-12Dだ!

 ブリヂストンには、RE-71Rという、フラッグシップモデル的位置づけのハイグリップラジアルタイヤがすでに存在している。そこに敢えて今回、こっそりとブースの奥に展示してあった、このRE-12Dというタイヤの位置づけはいったいどこにあるのだろうか?

 ※なお、回答はBSさんの正式なモノじゃなく、私の解釈に依るところもありますのでその点はご容赦を。

●疑問@「今までのRE-71Rの代わりなの?(71Rは販売終了なの?)
答え:No。71Rとはまた別のカテゴリのNewタイヤとして出したとのこと

●疑問A「ターゲットはやっぱりヨコハマのA052なの?」
答え:Yes。86レースで71RではA052に勝てない状況は駄目だと。強いBSじゃないと駄目なんだってことだそうです。

●疑問B「ヨコハマのA052より高性能なの?」
答え:Yes・・と言っていいのかはアレだけど、Yesと判断しなきゃリリースしないとのことでした。
特に86レース(クラブマン)では、タイヤ交換が認められていないこともあり、レース中のタレというのもより少なくなる様に作ってあるとのこと。

●疑問C「じゃあやっぱり86レース以外は眼中にない?」
答え:No。テストは86レース用が開発サイズ、と言えるが、18インチの良く出るサイズ(敢えて言及はしてもらえなかった)でのテストも行っていたとのこと。素晴らしい。
サイズラインナップは、16種類とのこと。265/35R18はあるが、275/35R18はないとのこと。残念。
19インチも用意しないみたい。16-18インチの間

●疑問D「RE-71RやA052とのタイム差はどのくらい?」
答え:すご〜くアレなので、ここでは差し控えます。今度リアルでお会いした方にはお伝えします。ただ、十分期待が持てる、素晴らしいタイヤだと確信できました。

●疑問E「でも結局価格、高くなっちゃうんじゃないの?」
答え:YesともNoとも言えない。価格は販売店が決めるもの。ただし、コストの積み上げなどの結果からも、RE-71Rと同等の価格帯に収まる様には作ってあるとのこと。なので、A052よりも下になるのでは?と推測されます。

 その他に、エア圧のテスト評価を聞いたが、2.2の標準エア圧で比較しており、低いエア圧というのは敢えてテストしていないとの公式回答。実際はわからないけど。

 また、作動温度についてもRE-05Dよりも高めにしてあり、ジムカーナよりもサーキットでのコース走行に当然重点を置いたタイヤであるとのこと。絶対タイムではRE-05Dの方が上だろうが、それも一発一周だけ、その後は激落ち、と考えると、結果的にアウトラップ2周目、3周目をきちんと走る場合には、RE-12Dの方がタイムの粒が揃って結果的に速いかも知れない。

2018_0115_autosalon_12D_004.jpg

 なお265/35R18の新品時の残溝は約5mm。A052が5.1mmだから似たようなモノか。攻めてるなあ。

2018_0115_autosalon_12D_002.jpg

 それから、ここにあるグルーヴじゃない溝って何のためにあるんですか?としつこく聞いた。
 が、教えてもらえなかった。頑として。

 僕達DKC組のための、削り指標だろう!と勝手に推測しておく(笑

 この後、ヨコハマブースに行って、A052の開発責任者の八重樫さんと会話した。直球勝負。「BSのRE-12Dが出ましたが対策取りますか?」と。
 答えはもちろん、「まだ結果が出揃ってないからわからない」ということ。当たり前だよな(笑

 まだA052が出て2年ちょいなので、今仕様変更ってのはまぁないと思うケド、BSとYHという素晴らしい両企業のタイヤメーカーバトル、すごく面白い。

 この1年もまた、タイヤについて楽しめる感じになりそう!

 あ、もちろんRE-12D、買います。
 あ、でもRE-05Dの4本新品、発注しちゃってます(笑
 だって筑波1周の絶対タイムなら今選べるベストラジアルなんだもん・・。

2018_0115_autosalon_12D_003.jpg

 RE-05D/12D/71R友の会会員3名の記念写真。
 オートプロデュースBOSSの藤岡さん、ReadyGoNextの青木さんと。
 あ、名神タイヤの宗籐兄貴が写ってない・・。
 兄貴、今度一緒に撮影しましょう。

posted by エイトリアン at 21:31| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする