2018_0803_hirobadelesson_banner.gif

2017年12月19日

■プロジェクトミュー様から2018年協賛品が届きました!ありがとうございます。

20171219192959120.jpg

エイトリアンカップの年間スポンサー様である、プロジェクトミュー様より協賛品が本日届きました。

いつもありがとうございます。

いつものブレーキフルードに加え、ロックナットやメカニカルグローブなども加わりとても豪華です。

皆さん、ぜひプロジェクトミュー様のブレーキ関連商品をご活用ください。

posted by エイトリアン at 19:32| Comment(0) | 報告・一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

■約半年ぶりの筑波サーキット2000でリハビリだエイト!

2017_1209_famira01.jpg

 ここんところ、他のサーキットばっかり走行が多く、本来のホームコースであるTC2000がおろそかになっていたので、コレはまずい!と一念発起し、12/9と12/16の2週に渡ってファミラを走行しようと決意し、今日はその1回目。

 前回走行は6月のクソ暑い時でゼスティノで4秒。
 今日は気温、そんなにびっくりするほど低くなく、でも10度くらいなのでまぁいい感じで狙えるかも?って感じで走行した。

 1回目はコースインしアウトラップ2周目からさあアタック!って時にオイル旗+コース上に明らかに目で見てわかる跡があったので、走行を辞める。で、おがくず撒いていたので、「オイルかよ〜もう終了だなこりゃクッソ」と思ってたら、どうやらクーラントらしく、何周かしてるうちにいい感じで路面も復活してる雰囲気だったので、少し走行してみる。

 おお久々。忘れてるわーやっぱ。
 ちゃんと走らんとやっぱ駄目ね。

 で、もう1ヒートはフルで走行。
 全部で15周もしちゃった。珍しいな。

2017_1209_famira04.jpg

 ここで1分3秒フラットを出す。2秒台入れたかったが無理だったナ。
 やっぱゼスティノ、横が圧倒的に弱いなぁ。この日は縦もちょいイマイチだった。でもま、3秒フラットとか出せるんだから、やっぱすげータイヤだわ、この価格で。ありえねー。

 この日のベストと2番めベスト。

1'03.075 [Sec1]25.704 [Sec2]26.136 [Sec3]11.235
1'03.080 [Sec1]25.684 [Sec2]26.245 [Sec3]11.151

仮想セクターベスト
[Sec1]25.684 [Sec2]26.136 [Sec3]11.130 ⇒1'02.950

 なんとか2秒入ったかな?って感じ。
 1コーナーの処理は、神がかり的に速く走れる方法、思い出したぜw

参考比較
◆2017.01.21 BS RE-05D 265/35R18 Zummy 1'01''656
 [Sec1]25.417 [Sec2]25.506 [Sec3]10.733 [TopSP]166.026

2017_1209_famira02.jpg

 終わった後、少しサーキット内で俺カーを撮影させてもらったりする。
 いつもお世話になっております!筑波サーキットさま!

2017_1209_famira03-2.jpg

 この日は、R大佐、龍さん、ハンクラさん、hiro142さん、ぱららさん、谷田部というエイト乗りが集まり、そのあとかつ太郎で漫談したり。

 帰りはちと眠かったが、首都高6号をスンスンして帰宅。やっぱ俺カーすげぇ楽しい!

 あ、ガレージでタイヤ積み下ろし手伝ってくださった龍さん、大佐、ありがと〜!!

posted by エイトリアン at 23:32| Comment(2) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■エイトリアンカップ岡山5thで惨敗だエイト、だけど楽しかった!

2017_1202_okayama05.jpg

 2017年12月2日(金)に実施された、エイトリアンカップ岡山・・もう1周間以上前の話か。終わった後も仕事も夜wもなんか忙しくて、レポートできてなかった。

 まぁ結論から言うと、トップタイムは取れず、2番手で終わった、というコトだ。
 敗因分析は色々あるが、基本的には1年に1回しか走らない、という練習不足、それ以上でもそれ以下でもない。

 ただもう少しできることはあったよナ、というのが本音。

 というのもやはり、練習はゼスティノ、本番は別タイヤ、というのはあまりにもタイヤ特性も違いすぎるので多少の練習にはなるが、コンマ何秒詰める、という世界では厳しいということを改めて痛感した、ということ。まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだけど。

 以前のグリップレベルのタイヤだったらそれでも良かったのかも知れないが、現代のA052やRE-05Dなどのタイヤで勝負をする場合、前日の練習などはそれに準ずるタイヤでないと厳しくなってきてる。ますます財布に厳しいな・・。

 今回の岡山道中、なんだかすごく楽ちんだった気がする。所要時間が7〜8時間というのは、やはりなんとか我慢できるレベルにある。10時間とかなると全然話にならんのだが。やはり新東名の豊田東が接続されたのが、ものすごく影響大なんだろうナ。

 岡山に到着後、すでに前日練習のメンバーが揃っていた。
 関東組では谷田部、キチガイボーイ、YAGIちゃん、関東以外でもいちひろさん、NARUさん、アースさん、こすけさん、Federicoさん、えぬえ〜さん、m@sum@suさん、それから翌日スタッフとして協力してくれるりょっしーさんという感じ。

 俺は岡山の路面改修後一度も走ったことがなかったので、ゼスティノで感覚を確かめながら、思い出しながら走行する。そうそう、こうだったよね、みたいに。で、問題は最終コーナー。以前にあった縁石の先の緑のゾーン?がなくなっていて、縁石から落ちたら即砂利で片輪が落ちたらそのままスピン⇒コンクリートウォール激突、となりそうなので、そこがマジビビってうまく走れないw

 また、翌日はA052で走行予定だったので、この日はややオーバー気味、みたいな感じで走行できて、概ね想定通り。タイムは1分46秒2くらい、まぁ悪くはないけど、概ねA052で2秒くらいupと予想ていたので、この日に45秒台は入れておきたかった。

2017_1202_okayama06.jpg

 夜は宴会w
 Federicoを囲んで、日本文化wについて語る語る。
 こすけさんとなるさんが大暴れ。もう、このお二人ったらお盛んなんだからぁwww

2017_1202_okayama07.jpg

 なお、今回はスイートルームを予約してみた。
 この場所マジ広くて、宴会やるにも超最適。次回以降、ココ使うのがサイコーだなって確信できた。

 翌日は夜露もなく、路面は完全ドライ。それでキンキンに冷えている。
 こりゃ間違いなく良い結果がでそうなコンディション!!

 朝に彗星さんと大佐も到着し、エイトリアンカップが始まる。

 この日スタッフとして、彗星サンだけじゃなく、前日ミッションが壊れてしまったいちひろさん、りょっしーさんとりょんさんが加わってくれて、非常に助かった。結構誘導という面で、MFCT岡山はSUGOと異なりハードかも?

2017_1202_okayama09.jpg

 何回走行しても、やっぱりアタックする時のコースイン時ってのは緊張するよナ。
 こんな時、俺は自分自身にいっつも言い聞かせてる
 「オマエは下手くそ、無理するな、まずは冷静に走ろう、そこからだ。」
 みたいな感じに。

2017_1202_okayama02.jpg

 なお今回も俺はタイヤウォーマーを使い、アウトラップ2〜3周で結果を出そうとしてアタックした。
 そしたら、想定以上のアンダーが出てびっくり。ええええ?そ、そこまで!?
 が、そうは言ってもココでやめるワケにはいかんのでそのままアタックを続けるが、44秒8が出るだけで駄目駄目。
 そのままアタック継続したら、周回遅れのクルマに引っかかってしまい、アタック断念。

 その後再度場所を空けてアタックするが、途中で多少引っかかりながらであったり、ミスをしたりという感じで44秒2止まり43秒台にすら入らない・・。

 で、結果的に2番手という悲しい結果。

2017_1202_okayama03.jpg

 その後の2ヒート目も諦めてはいかん、と車高を落として走行してみるが、気温もぐんぐん上がり、路面コンディションもいまいちだったこともあり、残念ながら結果を更新することはできなかった。

 やはりグリップレベルが高いタイヤだと、現状の俺のセット(フロント10mm リアよりup)はキツく、前後差5mm程度にしないと駄目だということが改めて判明。

 まぁなんにせよこの辺のデータをちゃんと持って走行できていなかった、というのが何よりも駄目だったな。

 とは言え、無事故で帰ることができる、というのは何よりも大切なコトなので、そこは十分成果を出せた、と考えておくことにしよう・・・。

2017_1202_okayama04.jpg

 なお、今回もちょっとカメラを持ち出して色々撮影してみたり(笑

 帰りは、翌日に予定があるので表彰式・じゃんけん大会後猛ダッシュで帰宅することに。
 そしたら、机とか片付けるの完全に忘れていて彗星さんに怒られる・・ごめんなさい・・・。

 帰宅は途中、宝塚から枚方あたりまで18kmの渋滞ってことだったが、ノロノロは動いていて、その他はまったく渋滞もせず、結果的に8時間で到着した。恐ろしいくらい速い!
 決してぶっ飛ばしてたワケでもないし、全く問題ない。途中1回携行缶20リッターの給油は必要だけど、それくらい、体力を考えたら絶対こっちが良い。

 今回のエイトリアンカップ5th、個人的な結果はいまいちすぎたが、イベントとしては満員御礼、東西両方のメンバーが参加してもらえて非常に嬉しい状況だった。

 エイトリアンカップもこの岡山で、なんと50回目。
 50回もやれるのって、参加者の皆さんのおかげです。ホント。

 実は今回、FD/FCの開発主査である小早川さんからも「エイトリアンカップって、ホントにすばらしいイベントをありがとう。」みたいな趣旨の話もしてもらえたりして、とても光栄だった。

2017_1202_okayama08.jpg

 なお、FC/FD/SEの開発主査に囲まれる俺、みたいな写真も撮影したw
 小早川さん、片渕さん、ありがとうございます!

 まだまだエイトリアンカップは続けたいと思っています。
 100回は厳しいかも?ですけど(笑
 みなさん、引き続き一緒に楽しみましょう!

 エイトリアンカップサイコー!!

posted by エイトリアン at 10:55| Comment(0) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

■エイトリアンカップ岡山直前メンテナンスなう!!

20171130174203632.jpg

とりあえず今日は全部アブラ関連交換。
エンジンオイル、ミッションオイル、デフオイル。
エンジンオイルはもちろん、RE雨宮 RE SUPER-G For NA、いわゆる黄色缶と、GTオイルフィルター
ミッションデフオイルは、プレミアムジャパン デルタオイル。

20171130174359420.jpg
エンジンオイル

20171130174407801.jpg
ミッションオイル

20171130174420226.jpg
デフオイル

今回は夏を越えていたので少し不安だったが、粘度は概ね問題なかった。味も普通。

さぁてやったるでー!

  • 20171130174155411.jpg
posted by エイトリアン at 17:45| Comment(0) | メンテの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

■富士スピードウェイでゼスティノラジアルで2分切り、しかも59秒フラットだエイト!

2017_1124_fisco01.jpg

 すでに速報などはtwitterなどで出しているのでアレだけど、トップラジアルではないゼスティノGredge 07RSの265/35R18で富士スピードウェイの2分切り、それも1分59秒032と、59秒フラットを出すことができた!

 こいつはすげえ・・。

 265/35R18で4本8万円くらいで購入できるラジアルタイヤでここまでのタイムが出せるってなると、かなり十分・・・と言えるよな。BS派の俺もちょっとグラグラ来ちゃうぜ。

2017_1124_fisco03.jpg

 この日のトップスピードは227km/hという、今までにない速度。
 あれれ?富士到着した時は寒くてこりゃいける〜!って思ってたのに、走行開始直前くらいから日差しが強くなって、あちぃなこりゃって思うくらいだったのに?あれれ?

 単なる気温だけじゃなく、気圧とかその辺も影響するんだろうけど、とにかくこの日は226km/hが続出していたり、11/11走行の時が222km/hくらいだったことを考えると、5〜6km/hくらい伸びたことになる。

 この世界の5km/hってマジ半端ねえんだぜ?マジありえなーくらい。
 どんだけ調子サイコーだったかってのがわかる。

2017_1124_fisco05.jpg

 ま、227km/h出た時は前に良い感じにポルシェがいてくれて、しかもコントロールラインを超えたら避けてくれるという、奇跡的な対応をしてもらったのが大きいケド。ありがとうございま〜す!

2017_1124_fisco06.jpg

 で、この日は新品のゼスティノタイヤを富士でおろした。
 今年の初め、鈴鹿でゼスティノをおろした時は、熱が入りづらいという感覚を持ったのだが、実はコレって正しくなかったのかもしれない。今回も確かに熱の入りは良いとは言いづらい状態だったが、それよりもいわゆる「皮むき」みたいな状態がこのタイヤは必要なのかも。

 2016年製造のモデルなので、タイヤの組み付け時にタイヤワックスがにじみて出くるという状態だったこともあり、タイヤ表面をある程度削らないとだめってコトかも。正直、アウトラップ2周目でストレートの止まらなさは半端なかった。もちろん速度が伸びていたってのもあるけど、それだけじゃない止まらなさだった。その後のコカ・コーラなども不安が残っていたし、最低3周は必要という感じ。

 これからゼスティノ新品を下ろすという方は、日本のフラッグシップハイグリップと異なり、新品一発目からサイコー!とは違う感じなのでご注意を。

 あと、twitterでは縦のグリップが弱い、と書いたケドそれも嘘だったナ。
 そりゃ速度が5km/hも違ったら、同じポイントでブレーキングしたって止まるわきゃーねーんだよ。コレに気付かず、「なんだよ縦グリップ落ちてんのか!?」と誤解しちゃってすみません。

 なお翌週の岡山にはこのタイヤを履いて行く予定なのでタイヤを外してチェックをしていないが、タイヤのセクターギャップのオーバーフローは目視した限り、概ね消えていた感じ。溝の部分は当然残っていたケド、トレッド面については想定どおりなんの心配もいらない感じだった。コンテナの調整など、このあたりのノウハウ、やっぱり一朝一夕には身につかない、そんなところか。

 それにしても、マジすばらしい結果で大満足。

2017_1124_fisco02.jpg

 RE雨宮の鍋さんにお願いし、実はバネレートをフロントを16k→18kにしたのと、アライメントを取ってもらったところもドンピシャだった。さすがすぎるぜ。フロントのバネレートアップは、今までもスタビを「強」にしていたので概ね似た様なシミュレーションだったので違和感なく走ることができていた。

 想像より悪くないので、20kgにしても良かったかな?ってところだ。

2017_1124_fisco04.jpg
※青がRE-71R(2015年)。71Rのトップスピードは222km/h

 それにしてもRE-71Rの自己ベストが58秒3だから、コンマ7しか違わない。マジかよ・・。
 A052でなんとかうまくまとめて、56秒台、今シーズンは入れておきたいところだ。

 やったるで〜!!


posted by エイトリアン at 20:19| Comment(0) | ゼスティノ07RSレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

■RE雨宮の鍋さんメンテのスゴさを改めて体感したエイト!

2017_1118_amemiya01.jpg

 今回は、足回りのメンテナンスのために、オートサロンでこいっそがしい中、無理やり入庫させてもらったワケだが、例えばアライメント一つとっても、やっぱり鍋さんに見てもらいたいワケだ。

 別に同じ値ならどこでだって取れるし、おそらくそんなに違いはないだろう。

2017_1118_amemiya04.jpg

 でも、違うんだよ。そこじゃねーんだよ。

 RE雨宮の東砂工場には、最新の3Dアライメント装置なんてなんもねえ。アライメント取るのにリフトアップすらしない。定盤もない。ここに停めたら水平だって場所があって、そこに鍋さんがクルマを転がして設置させて、そこでダンロップのアライメントゲージと糸で調整するだけ。

 結果はおんなじかもしれないよナ。
 むしろ値は最新の機械の方がいいのかもナ。

 かんけーねーよ。職人の培った技術や想いとか、このAI時代になったとしたって、結果に現れると思って信じてるんだ。

 鍋さんが引退したら、俺、どうしたらいいんだろう。常々そう思ってる。

 なお、前回補修したエキマニが割れていたので補修を依頼したのだが、補修したのもまた、東砂工場にいるスーパー職人の手によるもの。俺のパイプ系はみんなこの方の手によるものだけど、マジありがたや。

 ちなみに、割れた部分は真ん中の一番熱が掛かる部分で、伸びたり縮んだりを繰り返されてステンもだいぶ弱ってきているとのこと。今シーズンでまた買い替えか。痛いナ。

2017_1118_amemiya03.jpg

 RE雨宮は、オートサロンに毎年、Newマシンを出している。
 正直、コスト的に見合うのか?やる意味なんてあんのか?っていつも思ってる。

 でも、これを継続し続けることのメッセージ性はすごく強い。効率性や費用対効果という面でいけば正しくないのは明白だけど、そこだけなのか?

 これは本当にわからない。

 でも一点だけ、雨サン、毎年毎年、この時期、鍋さんに作業を全く依頼できなくなるのでほどほどにお願いしたいです(笑

2017_1118_amemiya06.jpg

 雨宮からの帰り道、がちっと路面を捉えるクアンタムの性能が一段上がった様に感じたのは、完全に気のせいだと思うが、この気のせい、というのはバカにできないものがあると思うんだよナ。ドライバーをその気にさせる、というか。

2017_1118_amemiya05.jpg

 また、ここ最近はエキマニが割れていたことによるマニ割効果の様なヒドい排気音だったことを改めて痛感した。すごく透き通った排気音が俺のクルマから排出される快感を得ながら、帰りの湾岸線を流す。

 100km/h前後の流れで、特に高い速度を出さなくても、エイトが楽しく心地よい。
 時々シフトダウンし、高い回転時の排気音を楽しみながら帰宅する。

 やっぱり俺、このクルマが大好きなんだ、と改めて感じた、そんな日だった。

 鍋さん、ありがとうございます!

posted by エイトリアン at 12:01| Comment(4) | メンテの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

■久々の富士スピードウェイで2分フラットだエイト!

2017_1111_fuji06.jpg

 なんかここんところ、ちょっとストイックな走り、というよりはちょっと軟弱な方向のイベントに注力してしまっていたので、一念発起し、走りを実施。

 とか思うと結構ライセンス枠とかってなかったりして、富士のS-4を走ろうとしたら土日は今日くらいしかなく、それも午後って感じでいまいちだったがまぁリハビリも兼ねて走るコトに。前回走行はセントラルだから、10/14・・つまりまるまる一ヶ月走ってないってコト。こりゃさすがにまじーわナ。

 で、13:00からの走行、あんま走る気なかったけど、もし間に合うんならはしろーって感じで向かったらなんかいい感じに走れそうな準備は終わったので、残り15分だけ走行することに。

 しかし、暑い・・。23度とかエイトに表示されてるけど、もちっと暑そうな感じ。
 で、4周してタイムは2分1秒6。えーマジかよ。
 2周目くらいでゼスティノもタレてくるし、きっちーな。
 エア1.8でスタートしたのに2.5くらいにまで上がってた。ねーわ。

 で、次の40分枠を走行することに。
 40分枠ならガラガラだべと予想した通り、10台もいなかった。よしよし。

Screenshot_20171111-150654_1.jpg

 で、あと一歩ってところで59秒台出せずに2分0秒089。くうう。
 ほんのちょいだったのに。
 
 ロガー画像はこんな感じ。
 RE-71Rでの1分58秒3の時のと重ねてある。赤が今回。

2017_1111_fuji05.jpg

 にしてもやっぱりサーキット走行、楽しいなぁ。
 当たり前なんだけど、なんか今日はホント久々に「楽しい」って感じだったわ。
 色々考えながらやったり、それがうまくいったりしたからかなぁ。

 また走ろう〜っと。


2017_1111_fisco001.jpg

posted by エイトリアン at 22:56| Comment(0) | 走行会・サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする